[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山下美夢有、6打差独走でメジャー初V王手 3週連続予選落ちから救ってくれた父の言葉

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第3日が7日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。初日から首位を走る山下美夢有(加賀電子)は、6バーディー、1ボギーの67で回って通算11アンダー。2位に6打差をつけて、メジャー初優勝へ王手をかけた。前週まで3試合連続予選落ちだったが、約1か月ぶりに対面で指導してくれた父から「焦らずにリズムを大事に」とアドバイスされ、劇的に復調できたことを明かした。2位は通算5アンダーで安田祐香(NEC)と青木瀬令奈(フリー)が並び、4位には通算4アンダーで稲見萌寧(Rakuten)がつけている。

ワールドレディスサロンパス杯、通算11アンダーで2位に6打差をつけて首位に立つ山下美夢有【写真:Getty Images】
ワールドレディスサロンパス杯、通算11アンダーで2位に6打差をつけて首位に立つ山下美夢有【写真:Getty Images】

国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第3日

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第3日が7日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。初日から首位を走る山下美夢有(加賀電子)は、6バーディー、1ボギーの67で回って通算11アンダー。2位に6打差をつけて、メジャー初優勝へ王手をかけた。前週まで3試合連続予選落ちだったが、約1か月ぶりに対面で指導してくれた父から「焦らずにリズムを大事に」とアドバイスされ、劇的に復調できたことを明かした。2位は通算5アンダーで安田祐香(NEC)と青木瀬令奈(フリー)が並び、4位には通算4アンダーで稲見萌寧(Rakuten)がつけている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 山下は自分の調子と雨を味方に、スコアを伸ばした。

「今日はショットがいい。(朝からの)雨でボールも止まる」

 2番パー4で4メートル、3番パー5、4番パー4で1メートルのパットを決めた3連続バーディー。同組の安田は1番から3連続バーディーを決めていたが、山下は差を詰められることなく、首位を走り続けた。

 一転、5番パー5から約1時間は「スコアを落とさない」ことに徹した。雨脚が強くなったからだ。一時はグリーンに水が浮くほどの雨量だったが、「こういう時こそ急がない。やるべきことをやって、冷静にプレーする」と言い聞かせ、パーセーブを続けた。そして、雨が止んでからは再びスコアを伸ばした。

 初日に大会コースレコードの「64」をマーク。自己採点は「100点」だった。第2日は「72」を目指しながら、「74」で終えて「80点」。この日はサンドセーブができなかった1ボギーを理由に「90点」をつけた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集