[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧「ゴルフ以外の事もスッキリした」 心技体そろい始めた賞金女王が3位浮上

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第2日が6日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。昨季賞金女王で7位から出た稲見萌寧(Rakuten)は3バーディー、2ボギーの71で通算3アンダー。首位に3打差の3位に浮上した。大半の選手が苦しんだ高速グリーンを「昨日よりも遅く感じた」と言い、巧みに対応した。首位は通算6アンダーの山下美夢有(加賀電子)で、2位には通算5アンダーで青木瀬令奈(フリー)がつけている。

2日目を終えて、通算3アンダーの3位につけた稲見萌寧【写真:Getty Images】
2日目を終えて、通算3アンダーの3位につけた稲見萌寧【写真:Getty Images】

国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第2日

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第2日が6日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。昨季賞金女王で7位から出た稲見萌寧(Rakuten)は3バーディー、2ボギーの71で通算3アンダー。首位に3打差の3位に浮上した。大半の選手が苦しんだ高速グリーンを「昨日よりも遅く感じた」と言い、巧みに対応した。首位は通算6アンダーの山下美夢有(加賀電子)で、2位には通算5アンダーで青木瀬令奈(フリー)がつけている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 稲見が高速グリーンになじんできた。同じく3位の安田祐香に「オーガスタよりも速く感じた」と言わしめたこの日の超高速グリーンを「昨日より遅いのでは」と言った。そして、ショットの好調を喜んだ。

「昨日(の午後)は風もあって、スーッといく感じでしたが、今日はそうではなかったです。芝が伸びたからか、慣れたからかどっちか分かりませんけど(笑)。それに昨日、今日と本当にティーショットの調子が良くて、フェアウェーから(第2打を)打てることが大きいです。外れたのは(14ホール中)昨日と同じ2回で、1回はセミラフでした」

 ショット、パットの好調でメンタルも充実している。理由は「ゴルフ以外のこともスッキリしたので」と言った。紆余曲折を経て、昨季までのトレーナーと再契約に至ったことで、「ちょっとずつ、自分の思うように体が動かせるようになりました」とニコリ。

 その上で「ここのコースは『勝ちたい』という気持ちが出ると、逆に苦しくなります」と分析し、「冷静にやっていきたいです。ボギーを1つ打っても、しょうがないという気持ちで。耐えていれば、上位にいられると思うので」と前を見据えた。

 初日、64の大会コースレコードを出して首位に立った山下が74とスコアを落としたことで、稲見は3打差に迫った。心技体がそろってきた昨季賞金女王が、残り2日で「怖い存在」になりそうだ。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集