[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“アルバトロス未遂”の稲見萌寧、ピン直撃の惜しい一打にファン労い「凄いモノ見た」

1日まで行われた国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディースは、20歳・西郷真央(島津製作所)の逆転優勝で幕を閉じた。昨季の賞金女王・稲見萌寧(Rakuten)は34位だったが、最終日18番パー5では“アルバトロス未遂”も。第2打がピンに直撃した映像には、ファンからも「凄いモノを見せてもらった」「痺れた」と反響が集まっている。

稲見萌寧【写真:Getty Images】
稲見萌寧【写真:Getty Images】

パナソニックオープンレディース最終日にスーパーショット

 1日まで行われた国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディースは、20歳・西郷真央(島津製作所)の逆転優勝で幕を閉じた。昨季の賞金女王・稲見萌寧(Rakuten)は34位だったが、最終日18番パー5では“アルバトロス未遂”も。第2打がピンに直撃した映像には、ファンからも「凄いモノを見せてもらった」「痺れた」と反響が集まっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 惜しかった。最終日、稲見が第2打で放ったボールは、絶妙な位置に着弾。グリーンに乗ると、カップに向かって一直線に転がる。歓声も大きくなる中、ボールはピンに直撃。惜しくもアルバトロスとはならなかったが、実況席も「オォー!」と興奮する一打だった。このホールはイーグルを奪った。

 実際の映像をJLPGA公式ツイッターが公開していたが、稲見もインスタグラムで「調子が良くなく あまりギャラリーの皆様を楽しませることができなかったです、、でも今年初のイーグル嬉しかった!」と喜びを表現した。

「地道にコツコツ調子を戻せるように頑張ります!」とも記した稲見。ファンからは「アルバトロス惜しかった~」「アルバトロス未遂のナイスイーグル」「凄かった」「焦らないでいきましょうよ」「凄いモノを見せてもらいました」「痺れた」「スイング本当に素敵です」などと労いの声が書き込まれている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集