[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米17歳が4回転アクセル挑戦 高さと回転に海外衝撃「最も完成に近い」「なんてことだ」

フィギュアスケートの世界ジュニア王者・イリア・マリニン(米国)が練習で挑んだ4回転アクセルに注目が集まっている。バランスを大きく崩しながらも、転倒することはなかった実際の映像には、米記者も「私が見た中で最も完成に近い4回転アクセル」と驚いている。

イリア・マリニン【写真:Getty Images】
イリア・マリニン【写真:Getty Images】

17歳マリニン、練習で衝撃のジャンプを披露

 フィギュアスケートの世界ジュニア王者・イリア・マリニン(米国)が練習で挑んだ4回転アクセルに注目が集まっている。バランスを大きく崩しながらも、転倒することはなかった実際の映像には、米記者も「私が見た中で最も完成に近い4回転アクセル」と驚いている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

“4回転の神”の異名を取る17歳が、最高難度の大技に挑戦した。上下黒の装いで練習するマリニン。助走から思い切り飛び上がると、高速で回転。高いジャンプの4回転アクセルだ。右足で着氷を試みたが、大きくバランスを崩す。それでも転倒することはなかった。

 2月の北京五輪男子シングルで、羽生結弦が挑戦したことでも話題になった4回転アクセル。まだ成功者のいない大技にトライしたマリニンは、実際の映像をインスタグラムのストーリー機能を使って公開した。米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏はツイッターで「私が見た中で最も完成に近い4回転アクセル」と称賛している。

 海外ファンからも「回転も高さも凄い」「回転スピードが素晴らしい」「アメージング」「なんてことだ」「来季見せてくれるかな」「凄すぎる」「オーマイガー」などと驚きの声が続出した。

 マリニンは世界デビューとなった3月の世界選手権ショートプログラム(SP)で100.16点を記録。4月の世界ジュニア選手権ではSPで88.99点、フリーで187.12点、合計276.11点でいずれもジュニアの世界最高得点を叩き出して優勝した。インスタグラムではユーザーネーム「quadg0d(4回転の神)」に恥じない練習映像を公開している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集