[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2位テレサ・ルーに感じた渋野日向子と共通する人間性 緊迫V争い中でも14歳年下を祝福

国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディースは1日、首位に2打差2位で出た西郷真央(島津製作所)の逆転優勝で幕を閉じた。一時は西郷を4打リードしていた台湾出身のテレサ・ルー(太陽生命)は、後半の2ボギーで2位。約5年ぶりのツアー17勝目を逃した。だが、西郷が15番パー4でイーグルを奪った際は、グータッチ。ラウンド後も明るく、「若い子と一緒に回るのはいいね」と言った。渋野日向子(サントリー)と共通するスポーツマンシップ。“これぞ、ゴルファー”を感じさせたテレサのふるまいだった。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

通算8アンダーで終え、惜しくも優勝を逃したテレサ・ルー【写真:Getty Images】
通算8アンダーで終え、惜しくも優勝を逃したテレサ・ルー【写真:Getty Images】

国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース

 国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディースは1日、首位に2打差2位で出た西郷真央(島津製作所)の逆転優勝で幕を閉じた。一時は西郷を4打リードしていた台湾出身のテレサ・ルー(太陽生命)は、後半の2ボギーで2位。約5年ぶりのツアー17勝目を逃した。だが、西郷が15番パー4でイーグルを奪った際は、グータッチ。ラウンド後も明るく、「若い子と一緒に回るのはいいね」と言った。渋野日向子(サントリー)と共通するスポーツマンシップ。“これぞ、ゴルファー”を感じさせたテレサのふるまいだった。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 最終日15番パー4。西郷がピンまで残り169ヤードの第2打をカップインさせた。テレサは目を丸くしながら、西郷と左手でグータッチ。ワンショットで1打リードされた緊迫の状況だったが、14歳下のライバルを祝福した。ホールアウト後、その瞬間の心境を明かした。

「すごい、すごい。すごくいいショットでピン筋に行っていたから、『入るんじゃない?』と思ったよ。そうしたら、本当に入った。私は残り120ヤードぐらいだったから、『私も入るんじゃない?』と思ったよ(笑)」

 テレサのショットはピンには寄らず、残り3ホールで西郷に追いつくこともできなかった。悔しくないはずはない。だが、繰り出す言葉は全てポジティブだった。

「悔しいは悔しいけど、そこまでじゃないよ。(西郷は)安定しているし、バンカーがすごくうまい。だから、ボギーを打たないよね。それと、若い子と回るのはいいよね。元気、もらうよ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集