[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 松山、10秒の“S字パット”に米実況も興奮↑「いいぞ…」「おお…」「イエス!!」

松山、10秒の“S字パット”に米実況も興奮↑「いいぞ…」「おお…」「イエス!!」

米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソン(トリニティ・フォレストGC、パー71)第2日は18日、120位から出た松山英樹(レクサス)が8バーディー、ノーボギーの「63」で回り、通算7アンダーで20位タイと急浮上。17番パー3では難解なラインを読み切った絶品の“スネークパット”が炸裂。PGAツアーは「なんてパットなんだ!」と動画付きで公開し、反響を呼んでいたが、現地実況も「いいぞ……おお……イエス!」「やったぞ、完璧な読みだ!!」と尻上がりの興奮で伝えている。

松山英樹【写真:Getty Images】
松山英樹【写真:Getty Images】

120位から“100位アップ”の猛追、17番のロングパットに現地実況は興奮尻上がり

 米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソン(トリニティ・フォレストGC、パー71)第2日は18日、120位から出た松山英樹(レクサス)が8バーディー、ノーボギーの「63」で回り、通算7アンダーで20位タイと急浮上。17番パー3では難解なラインを読み切った絶品の“スネークパット”が炸裂。PGAツアーは「なんてパットなんだ!」と動画付きで公開し、反響を呼んでいたが、現地実況も「いいぞ……おお……イエス!」「やったぞ、完璧な読みだ!!」と尻上がりの興奮で伝えている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 スーパーパットを連発した松山。なかでも、熱狂を呼んだのは17番だ。1打目でグリーンに乗せたが、下りの12メートルと距離を残した。しかも、難解なスネークライン。ただ、この日の松山にはお構いなしだった。

 慎重に読んで打ち出した。ボールはカップに対して大きく左へ。ところが、半分ほどの地点で大きくスライス。今度はカップより右に流れた。残り2メートル。ラインを読み違えたか――。そう思った次の瞬間、ここから再び、一気に左に曲がり始めた。ボールはカップの方向へ。まさかを予感したギャラリーも一気に沸き立つ。最後は吸い寄せられるようにしてカップに消えたのだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー