[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織は「ファンタスティック」 “天敵”ジョコも賛辞「今夜のバトルが楽しかった」

テニスのイタリア国際は18日(日本時間19日)、男子シングルス準々決勝で世界ランク24位の錦織圭(日清食品)が元世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に6-2、1-6、3-6で逆転負け。ジョコビッチ戦は通算12連敗となったが、勝利した元王者は「ケイがとにかくファンタスティックにプレーした」「今夜のバトルが楽しかったということ」などと錦織に賛辞を送っている。ATPなどが伝えている。

ジョコビッチと握手を交わす錦織圭【写真:Getty Images】
ジョコビッチと握手を交わす錦織圭【写真:Getty Images】

錦織、通算12連敗も…ジョコビッチ「ケイがファンタスティックにプレーした」

 テニスのイタリア国際は18日(日本時間19日)、男子シングルス準々決勝で世界ランク24位の錦織圭(日清食品)が元世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に6-2、1-6、3-6で逆転負け。ジョコビッチ戦は通算12連敗となったが、勝利した元王者は「ケイがとにかくファンタスティックにプレーした」「今夜のバトルが楽しかったということ」などと錦織に賛辞を送っている。ATPなどが伝えている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 “天敵”を追い詰めた。錦織がジョコビッチ相手に奮闘した。第1セット。持ち前の粘りのテニスを発揮し、6-2で圧倒。ATP中継サイト「テニスTV」は強烈なフォアハンドが炸裂したシーンを「ボールを見る。そして、ボールを粉砕する」とつづり、公式ツイッターに動画付きで速報するなど、大いに盛り上げた。

 しかし、第2セットに入ると、元世界1位が好相性の日本のエース相手に本領を発揮。錦織は2セット連取され、逆転負けを喫した。それでも、試合後、ジョコビッチは錦織の奮闘ぶりに拍手を送っている。

 ATP公式サイトによれば、「今日のテニスのクオリティーは本当に高いものだった。私が言いたいのは、ケイがとにかくファンタスティックにプレーしていたということだ。特に第1セットを見てほしい。彼のペースに適応するまでなかなかの時間を強いられたよ」と手を焼いたことを語ったという。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集