[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

502kg持ち上げる超怪力男が出現 衝撃デッドリフトに英紙注目「怪物級パワーリフター」

ポーランドの怪力男が、デッドリフトで502.5キロの重りを持ち上げたことが海外で話題となっている。公式記録としては認定されていないものの、従来の世界記録501キロを上回ったパワーには英紙も「怪物級パワーリフター」と衝撃を伝えている。

デッドリフトで502.5キロの重りを持ち上げたクシシュトフ・ヴャースビッキ(画像はエディー・ホールのインスタグラムより)
デッドリフトで502.5キロの重りを持ち上げたクシシュトフ・ヴャースビッキ(画像はエディー・ホールのインスタグラムより)

ポーランドの32歳ヴャースビッキ

 ポーランドの怪力男が、デッドリフトで502.5キロの重りを持ち上げたことが海外で話題となっている。公式記録としては認定されていないものの、従来の世界記録501キロを上回ったパワーには英紙も「怪物級パワーリフター」と衝撃を伝えている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 両側に凄まじい重りをつけたバーベルを前にしたのは、32歳のクシシュトフ・ヴャースビッキ。その重量はなんと502.5キロだ。全身に思い切り力を入れ、床から持ち上げようと試みる。ムキムキの両腕には逞しい血管を走らせ、必死の表情。周囲から歓声が上がる中、見事に持ち上げて歓喜を爆発させた。

 従来の世界記録はアイスランドの俳優、ハフソー・ビョルンソンが記録していた501キロ。今回のヴャースビッキの記録は練習中の出来事でジャッジもおらず、公式記録には認定されていないが、英紙「デイリー・スター」は「怪物級パワーリフターが“史上最重量デッドリフト”―タイソン・フューリー4人分より重い」と見出しに打って記事を掲載した。

 記事では「ポーランドのモンスターはリフティングストラップを着用し、スモウ・スタンスでバーを数秒間持ち上げた」と記載。4月にボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチで2度目の王座防衛に成功したタイソン・フューリー(英国)の名前を出し、「502.5キロはタイソン・フューリー4人分よりも重い。フューリーは先週、120キロでディリアン・ホワイトと戦っている」とも表現している。

「ありえない重さで成功させたと主張」したとされているヴァースビッキだが、「デイリー・スター」によると「ビョルンソンや(前記録保持者の)エディー・ホールのような通常のやり方(デッドリフト)ではなかった」ともされている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集