[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 松山、絶品の“スネークパット”に米絶賛の嵐「ボールが生きているかのようだ」

松山、絶品の“スネークパット”に米絶賛の嵐「ボールが生きているかのようだ」

米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソン(トリニティ・フォレストGC、パー71)第2日は18日、120位から出た松山英樹(レクサス)が8バーディー、ノーボギーの「63」で回り、通算7アンダーでフィニッシュ。17番パー3では難解なスネークラインを読み切った絶品の“S字パット”が炸裂。PGAツアーは「なんてパットなんだ!」と動画付きで公開し、米ファンは「偉大なるパットとはこのことだ」「ボールが生きているかのようだ」と絶賛の嵐となっている。

松山英樹【写真:Getty Images】
松山英樹【写真:Getty Images】

17番で難解ライン読み切ったスーパーパット炸裂、PGA「なんてパットなんだ!」

 米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソン(トリニティ・フォレストGC、パー71)第2日は18日、120位から出た松山英樹(レクサス)が8バーディー、ノーボギーの「63」で回り、通算7アンダーでフィニッシュ。17番パー3では難解なスネークラインを読み切った絶品の“S字パット”が炸裂。PGAツアーは「なんてパットなんだ!」と動画付きで公開し、米ファンは「偉大なるパットとはこのことだ」「ボールが生きているかのようだ」と絶賛の嵐となっている。

【特集】第二の内村航平、白井健三を「逆立ち女子」が“街の子ども”に体操を教える理由 / 体操 岡部紗季子さんインタビュー(GROWINGへ)

 本来の松山の姿に近づいてきた。圧巻のスーパーパットを決めたのは、17番パー3だった。

 1打目でグリーンに乗せたが、距離を残した難解なライン。松山は慎重に読み、打ち出した。しかし、ボールはカップに対して大きく左へ。ところが、半分ほどの地点で大きくスライス。今度はカップより右に流れた。残り2メートル。ラインを読み違えたか――。そう思った次の瞬間だ。ここから再び、一気に左に曲がり始めたのだ。

 ボールはカップの方向へ。まさかを予感したギャラリーも一気に沸き立つ。そして、縁をなでるようにしてカップに消えたのだ。信じられないような“S字パット”にコース上は大歓声。クールな松山は右拳を握って珍しくガッツポーズを繰り出し、まるで「入っちゃった」と言わんばかりに茶目っ気たっぷりの笑みをこぼしていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー