[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥と再戦、ドネアが“KO可能”と自信を持てる理由 「それが最大の違いです」

ボクシングのWBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア(フィリピン)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるWBAスーパー&IBF同級統一王者・井上尚弥(大橋)との3団体王座統一戦に向けて自信を示した。2019年11月7日に同会場で行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来の再戦。「もっと破壊的になれる」とKO可能と見ているようだ。

ノニト・ドネア(撮影は2021年)【写真:Getty Images】
ノニト・ドネア(撮影は2021年)【写真:Getty Images】

井上尚弥VSドネア2まで残り1か月半

 ボクシングのWBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア(フィリピン)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるWBAスーパー&IBF同級統一王者・井上尚弥(大橋)との3団体王座統一戦に向けて自信を示した。2019年11月7日に同会場で行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来の再戦。「もっと破壊的になれる」とKO可能と見ているようだ。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 今月9日のWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の王座統一戦に続き、Prime Videoで独占生配信される「Prime Video presents Live Boxing」の第2弾。日本のプライム会員は追加料金なしで視聴できるビッグマッチだ。

 試合に向け、米メディア「ファイトハイプ」公式YouTubeはドネアのインタビュー動画を公開。5階級制覇王者の39歳は「前回はただ殴り合いに行った。今回は勝ちに行きます。つまりゲームプランがあるわけです。ボクシングIQを駆使します」と自信を見せた。

 前戦では、ドネアが2回に得意の左フックをぶち当て、井上に右目眼窩底と鼻骨の骨折を負わせた。しかし、11回に左ボディーでダウンを奪われ、0-3の判定負け。「前回は彼の試合をあまり見ずに、ただリングに上がりました。それであの試合が目を覚ましてくれたんです。この男を倒せるぞってね」と振り返った。

 質問者に「再戦は一般的に若い方が優利と言われているが」と投げかけられると、こう返した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集