[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1角田裕毅の“抜かせない技術”に海外実況も興奮「完璧な判断」「相手は何もできず」

24日に行われた自動車レースF1の第4戦エミリアロマーニャ・グランプリ(GP)決勝で、7位入賞を果たした角田裕毅(アルファタウリ)のテクニックが注目を浴びた。F1公式が動画を公開。海外実況席は「ツノダが完璧な判断」と興奮気味に伝えた。

角田裕毅【写真:Getty Images】
角田裕毅【写真:Getty Images】

エミリアロマーニャGP、F1角田裕毅の技術に海外注目

 24日に行われた自動車レースF1の第4戦エミリアロマーニャ・グランプリ(GP)決勝で、7位入賞を果たした角田裕毅(アルファタウリ)のテクニックが注目を浴びた。F1公式が動画を公開。海外実況席は「ツノダが完璧な判断」と興奮気味に伝えた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 角田の技術が光った。ランス・ストロール(アストンマーティン)から見た映像。前にいたのが角田だった。距離が詰まり、追い抜かれそうになったところで巧みなポジション取り。実況席も「ツノダが完璧な判断。わずかに十分なスペースを残した。これじゃ何もできません」と伝えた。テクニックを見せ、相手に前を譲らなかった。

 F1公式ツイッターは角田が守りの技術を見せた動画を公開。文面に「見るのが最高なホイール・トゥ・ホイール。イモラのかなり濡れたコンディションでのユウキVSランス!」とつづった。海外ファンからは「ユウキ大好きだ」「良い運転だ!」「見ててめっちゃ怖かった」「ユウキ進化してるな」「信じられない可能性を秘めてる」「本当によくやってるね」と興奮した様子のコメントが相次いだ。

 今季自己最高の7位入賞。攻めのオーバーテイクもあり、一時は6位になるなど大健闘だった。昨季F1ドライバーデビューし、トップ10入りを7回記録。ドライバーズランキングは14位だった。今季は開幕戦のバーレーンGPで8位入賞。今レースはマックス・フェルスタッペン(オランダ、レッドブル)が今季2勝目を挙げた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集