[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、圧巻の奪三振ショーに地元紙も最敬礼 「彼の状態がチームの明暗分ける」

大谷翔平、圧巻の奪三振ショーに地元紙も最敬礼 「彼の状態がチームの明暗分ける」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、本拠地ツインズ戦に中6日で先発。6回1/3を3安打11奪三振1失点と快投。降板後に追いつかれて4勝目を手にすることはできなかったが、チームは2-1でサヨナラ勝ちした。この日も変化球が冴え渡り奪三振ショーを展開した大谷を、地元紙も「もはや彼のコンディションがエンゼルスの明暗を分けてくるだろう」と絶賛している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

4回までに9奪三振、103球圧巻ピッチングの大谷に地元紙が賛辞を連発

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、本拠地ツインズ戦に中6日で先発。6回1/3を3安打11奪三振1失点と快投。降板後に追いつかれて4勝目を手にすることはできなかったが、チームは2-1でサヨナラ勝ちした。この日も変化球が冴え渡り奪三振ショーを展開した大谷を、地元紙も「もはや彼のコンディションがエンゼルスの明暗を分けてくるだろう」と絶賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 二刀流の怪物が、投手としてツインズ打線をなで斬った。初回1死からエスコバーをスライダーで空振り三振。ここから圧巻の奪三振ショーが始まった。

 2回は3つのアウトをすべて三振。3回も98.5マイル(約159キロ)の直球、88.2マイル(約142キロ)のスプリット、77.1マイル(約124キロ)のカーブで圧巻の3者三振。4回にも2つ三振を奪い、4回までに9つと、驚異的なペースで三振を積み上げた。

 5回にもウィルソンをスライダーで、6回はロサリオからスプリットで11個目の三振をマーク。7回1死から四球を与えたところで降板したが、場内にはスタンディングオベーションが巻き起こった。

 今季最多103球の圧巻の投球。勝ち星こそついてこなかったが、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は絶賛している。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー