[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、「次なるステップは同じ試合での“二刀流”」 米誌が期待、実現はいつ?

大谷翔平、「次なるステップは同じ試合での“二刀流”」 米誌が期待、実現はいつ?

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、本拠地ツインズ戦に中6日で先発。6回1/3を3安打11奪三振1失点と快投。降板後に同点に追いつかれて4勝目には届かなかったが、チームは2-1でサヨナラ勝ちした。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

米経済誌「フォーブス」が「同じ試合での“二刀流共存”」なるかをレポート

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、本拠地ツインズ戦に中6日で先発。6回1/3を3安打11奪三振1失点と快投。降板後に同点に追いつかれて4勝目には届かなかったが、チームは2-1でサヨナラ勝ちした。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 ピンクの帽子を着用した“母の日仕様”の大谷が、本拠地ファンの視線を一身に集めた。最初の見せ場は初回だ。1死一塁で、打席には3番・エスコバー。フルカウントからの8球目は81.6マイル(約131キロ)のスライダー。真ん中付近から急激に内角低めに変化する“宝刀”でバットに空を切らせた。

 ここから奪三振ショーを展開した。4回までに9奪三振と、圧巻の投球を披露。7回途中で降板するまでに、自身2度目の2ケタ奪三振をマークした。

 打者としてもここまで20試合に出場し、打率.348、5本塁打、16打点と大暴れを続けている大谷。米経済誌「フォーブス」は「ショーヘイ・オオタニの次なるステップは同じゲームで“二刀流”を共存させること」とタイトルをつけて、記事を展開している。

「次になすべきこと、それはオオタニがピッチングをする試合で打席に立つことだ。現状の起用法では、日本の右腕が先発の場合、エンゼルスはこの最も強力な攻撃の武器をラインナップから外している」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー