[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 奇跡?珍事? トーマスの“7秒後の生還”に海外メディアも仰天「類まれなる棚ぼた」

奇跡?珍事? トーマスの“7秒後の生還”に海外メディアも仰天「類まれなる棚ぼた」

米男子ゴルフで珍ショットによる“奇跡の生還”が発生し、海外メディアに反響が広がっている。コースを外れたボールがカート道で弾み、一度はテント屋根に乗ったが、転がり落ちてくると再び、カート道で弾んでフェアウェーに舞い戻った。7秒後に起きたミラクルショットの瞬間をPGAツアーが動画付きで公開し、ファンに驚きが広がっていたが、海外メディアも「今週、最も愉快なショット」「類まれなる棚ぼた」などと取り上げている。

ジャスティン・トーマス【写真:Getty Images】
ジャスティン・トーマス【写真:Getty Images】

カート道→テント屋根→カート道でフェアウェー復活「今週、最も愉快なショット」

 米男子ゴルフで珍ショットによる“奇跡の生還”が発生し、海外メディアに反響が広がっている。コースを外れたボールがカート道で弾み、一度はテント屋根に乗ったが、転がり落ちてくると再び、カート道で弾んでフェアウェーに舞い戻った。7秒後に起きたミラクルショットの瞬間をPGAツアーが動画付きで公開し、ファンに驚きが広がっていたが、海外メディアも「今週、最も愉快なショット」「類まれなる棚ぼた」などと取り上げている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 やはり、この男は“持ってる”のか。世界ランク2位の名手、ジャスティン・トーマス(米国)の“奇跡の生還”が反響を呼んでいる。

 2オンを狙って豪快に飛ばしたが、トーマスは打った瞬間、声を上げた。大きく右に曲がるミスショット。表情は曇った。グリーン手前に構えていたギャラリーの方向に飛んでいく。しかし、ボールは観客の一団を越えてカート道のアスファルトに着弾。大きく弾んだ。そして、なんと客席のテント屋根の上に乗っかってしまったのだ。

 ギャラリーも中継カメラマンも見失い、ボールが行方不明となってしまった。ところが、ミラクルは7秒後にやってきた。テント屋根の傾斜を転がって落ちてきたのか、ボールは再び、姿を現した。そして、今、弾んだばかりのカート道に落ちると、大きく弾み、ギャラリーの一団を飛び越えて、なんと元のコースに戻ってしまったのだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー