[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • リナレス、歴史的死闘に大物プロモーターも敬意「物凄いファイターと試合が示した」

リナレス、歴史的死闘に大物プロモーターも敬意「物凄いファイターと試合が示した」

ボクシングのWBA世界ライト級タイトルマッチ12回戦(米ニューヨーク)は12日(日本時間13日)、WBOスーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が王者ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)を10回2分8秒TKO勝ちで下し、世界最速プロ12戦目で3階級制覇を達成した。日本の期待を受けたリナレスは4度目の防衛こそ逃したが、ロマチェンコを担当する大物プロモーターは「リナレスが物凄いファイターであることを試合が示した」と敬意を示している。米メディアが伝えている。

ホルヘ・リナレス【写真:Getty Images】
ホルヘ・リナレス【写真:Getty Images】

4度目の防衛逃すも…怪物ロマチェンコからプロ初ダウンで意地を見せる

 ボクシングのWBA世界ライト級タイトルマッチ12回戦(米ニューヨーク)は12日(日本時間13日)、WBOスーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が王者ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)を10回2分8秒TKO勝ちで下し、世界最速プロ12戦目で3階級制覇を達成した。日本の期待を受けたリナレスは4度目の防衛こそ逃したが、ロマチェンコを担当する大物プロモーターは「リナレスが物凄いファイターであることを試合が示した」と敬意を示している。米メディアが伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 日本の期待を受けたリナレスは4度目の防衛こそ逃したが、王者の意地は示した。

 6回に右カウンターを見舞い、ロマチェンコからダウンを奪った。これが、ウクライナの英雄にとってプロ初ダウンとなった。9回までの採点は三者三様の大接戦を演じたが、10回に鮮烈な左ボディーを受けてダウン。最後はTKO負けとなった。

 ESPNは公式ツイッターに雌雄が決した瞬間を動画付きで公開。あまりに鮮烈なロマチェンコの一撃に「ショットが見えすらしない!」と海外ファンの声も上がったほど。歴史的一戦は両雄の実力に相応しい死闘となった。

 ESPN公式サイトの記事によれば、ロマチェンコをプロモートしたトップランク社の大物プロモーター、ボブ・アラム氏は「リナレスが物凄いファイターであることを試合が示したと思う」と王者に対して敬意を示した。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー