[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、早くもドネアと「罠の仕掛け合い」勃発 「僕はあの笑顔には騙されない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が30日、都内で会見し、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦を行うことを発表した。2019年11月7日に同会場で行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来の再戦。会見では、早くも「罠の仕掛け合い」が始まった。戦績は28歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

ノニト・ドネアとの3団体王座統一戦発表会見に登場した井上尚弥
ノニト・ドネアとの3団体王座統一戦発表会見に登場した井上尚弥

井上尚弥が次戦発表

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が30日、都内で会見し、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦を行うことを発表した。2019年11月7日に同会場で行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来の再戦。会見では、早くも「罠の仕掛け合い」が始まった。戦績は28歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 すでにゴングは鳴っている。そんな空気を醸し出した。12ラウンドを戦い抜いた死闘から2年半。井上は「再戦が決まった時、前回決勝を鮮明に思い出しました。昨日のように思い出せる。次は13ラウンド目だと覚悟しています」と息巻いた。一方、インタビュー形式の動画でコメントを残したドネアは「モンスターをハントするには罠を仕掛けて仕留めるんだ」と攻略法を匂わせた。

 前回、井上は2回に強烈な左フックを受け、右目眼窩底と鼻骨の骨折を負った。当時の映像を確認し「ボディーに散らしてきたパンチが不意に上に飛んで来た。しっかりフェイントが掛けられていた」と“罠”にかかった瞬間を振り返る。技術に優れ、何でもできる両者。特にドネアは5階級を制した豊富な経験を駆使し、リング上で相手から情報を集める。瞬時の対応力が抜群だった。

 しかし、井上が11回に左ボディーでダウンを奪取。3-0の判定勝ちを収め、多くの海外メディアで「年間最高試合」に選ばれるほど歴史的死闘を演じた。あれから2年半。井上は再戦のリングを想像した。

「罠の仕掛け合いになると思う。ドネアがどんな出方、引き出しを使ってきても対応するように仕上げていく。どんな罠が仕掛けられていても、対応する自信があります。瞬時のフェイントに気を付けたい」

 父・真吾トレーナーも罠とは何かという問いに「互いにフェイントだと思います。でも、尚弥はそうやすやすと引っ掛からない。前回は一瞬の隙を突かれた。今回はそうはいかない」と自信。しかし、ドネアに対しては「とてつもない経験と年齢による冷静さに怖さがある」と警戒感を強めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集