[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥「記録はさほど興味がない」 最強ライバル・ドネアだから生まれる戦う意味

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が30日、都内で会見し、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦を行うことを発表した。2019年11月7日に同会場で行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来の再戦。記録よりもモチベーションを与えてくれる相手だと明かした。戦績は28歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

ノニト・ドネアとの3団体王座統一戦発表会見に登場した井上尚弥
ノニト・ドネアとの3団体王座統一戦発表会見に登場した井上尚弥

井上尚弥VSドネア、2年半ぶりの再戦発表

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が30日、都内で会見し、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦を行うことを発表した。2019年11月7日に同会場で行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来の再戦。記録よりもモチベーションを与えてくれる相手だと明かした。戦績は28歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 井上がずっと大切にしていることがある。それは「強い相手と戦うこと」に他ならない。前回のドネア戦以降、ずっと望んでいた3団体統一戦が実現。だが、3つ目のベルト保持とドネアとの再戦、どちらが心を突き動かすのかという問いに即答した。

「自分の中ではドネアとの再戦。それが一番です。ベルトがかかっていても、かかっていなくても、ドネアをしっかりと倒す。そこを考えたいです。昔から言っているけど、記録やベルトはさほど興味がない。ドネアがWBCの王座を獲り、ここ2戦に素晴らしい内容で勝利した。自分もドネアへの興味が上がった。モチベーションを上げてくれたと思います。今はベルトとかではなく、ドネアに集中していく」

 近年目標に掲げてきたのは、ボクシング界にある主要4団体全てのベルト統一。3団体統一でも日本人初の偉業だが、少しでも強者と戦うため、モチベーションを作り出すためでもあったのだろう。特に直近3戦は明かな格下との試合だった。飢えたモンスターにとって、今回は現階級最強のライバルとされるドネアと戦うことに最大の意味があるのだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集