[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平は5月も止まらない 復活二塁打をMLB公式も高評価「今まさに猛烈な勢いだ」

大谷翔平は5月も止まらない 復活二塁打をMLB公式も高評価「今まさに猛烈な勢いだ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が1日(日本時間2日)、本拠地オリオールズ戦に「5番・DH」でスタメン。左足首の捻挫から3試合ぶりの復帰戦となったが、4回の第2打席で“大谷シフト”を敷かれながら逆方向に二塁打を放った。米メディアは動画付きで“復活ダブル”の瞬間を動画付きで公開し、MLB公式サイトも「オオタニは今まさに猛烈な勢いだ」と報じている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

シフトも故障も“問題なし”の二塁打で復活アピール「足は良い感触でした」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が1日(日本時間2日)、本拠地オリオールズ戦に「5番・DH」でスタメン。左足首の捻挫から3試合ぶりの復帰戦となったが、4回の第2打席で“大谷シフト”を敷かれながら逆方向に二塁打を放った。米メディアは動画付きで“復活ダブル”の瞬間を動画付きで公開し、MLB公式サイトも「オオタニは今まさに猛烈な勢いだ」と報じている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 5月に入っても、大谷の勢いは止まらない。左足首の捻挫から復帰初戦。復活をアピールしたのは、4回1死だ。対峙した先発右腕コブに対し、初球から狙った。80マイル(約129キロ)の緩いカーブにしっかりとタイミングを合わせ、コンパクトにスイング。引っ張りを警戒し、内野陣が一塁寄りに構えていた“大谷シフト”を嘲笑うかのように、打球は三塁線を破った。

 その時点で本拠地は一気に大歓声。喝采を浴びながら大谷は快足を飛ばし、悠々とスタンディングダブルを決めた。登板を回避して3試合ぶりの出場となったが、打撃も走塁も問題なし。しっかりと存在感を示した大谷にMLB公式サイトも注目している。

「オオタニはピッチャーとしての投球はまだだが、DHとして復帰し、4打席1安打の結果を残し、左のフィールドラインを突き破る二塁打を披露した」と紹介。さらに「オオタニは今まさに猛烈な勢いだ」と記し、打率.333、4本塁打、12打点、OPSはリーグ7位につけていることなどを高く評価している。

 ゴールデンウィーク真っ只中の日本に明るい話題を届けた大谷。記事では「ベースを踏む時も、足は良い感触でした。痛みはなく、走る抜けることができた、恐れも不安もない」と語ったことが紹介されている。4月は投げて2勝、打って4本塁打と投打で席巻した二刀流。まずは「打」で復活をアピール、「投」に勢いをつなげ、5月も突っ走る。

(THE ANSWER編集部)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー