[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜は開幕戦3位「すごく悔しい」 一時首位浮上も後半2ボギー「これが今の実力」

女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは6日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で最終日が行われた。3位から出た21歳・西村優菜(スターツ)は、3バーディー、2ボギーの71で回って通算8アンダー。前半終了時では首位だったが、後半にスコアを落として3位だった。優勝のチャンスを逃し、会見では「これが今の実力」と自分に厳しかった。

ダイキンオーキッドレディス、11番のバーディーパットを外し悔しがる西村優菜【写真:Getty Images】
ダイキンオーキッドレディス、11番のバーディーパットを外し悔しがる西村優菜【写真:Getty Images】

今季開幕戦ダイキンオーキッドレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは6日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で最終日が行われた。3位から出た21歳・西村優菜(スターツ)は、3バーディー、2ボギーの71で回って通算8アンダー。前半終了時では首位だったが、後半にスコアを落として3位だった。優勝のチャンスを逃し、会見では「これが今の実力」と自分に厳しかった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 4日間を通して、状況に応じた頭脳的なプレーを見せてきた西村。この日も「80%の力で打つ」と決めていた。好ショット、パットで前半はスコアを伸ばす。5番パー4では、右ラフから第2打を放ち、グリーン上のランも計算してピン下3メートルにオン。強い風にも巧みに対応していた。

 しかし、後半は打って変わって2ボギー。西郷真央と黄アルムに抜かれてしまった。
「すごく悔しかったです。ギアを入れた時、ショットにブレが出ました。力を抜いていこうとは思っていましたが、どこかで力が入っていたのかもしれません。グリーン周りのアプローチは良かったのですが、足りなかったのだと思います。これが今の実力です」と反省した。

 もっとも、随所に見せたクレバーなプレーと笑顔は、観客を大いに魅了。ツアー5勝目が近いことも感じさせた。1学年下で初優勝を飾った西郷については、「ショットの安定がすごいですし、たくさん勝っていく選手だと思います」と表現。自身を含めたトッププロたちのライバルになっていくと予想した。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集