[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

身長149cmと判明した西村優菜「150cmと言い続ける」 逆転Vへ、対応力で3打差3位浮上

女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは5日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で第3日が行われた。6位で出た21歳の西村優菜(スターツ)は4バーディー、1ボギーの69で回り、通算7アンダーで首位と3打差の3位に浮上した。ボギーが先行したものの、「いいストロークができている」と言い聞かせてセルフコントロール。目標の60台を2日連続で達成し、ツアー通算5勝目へのチャンスを手繰り寄せた。10アンダーの渡邉彩香と黄アルムが首位。

ダイキンオーキッドレディス、通算7アンダーで首位と3打差の3位に浮上した西村優菜【写真:Getty Images】
ダイキンオーキッドレディス、通算7アンダーで首位と3打差の3位に浮上した西村優菜【写真:Getty Images】

今季開幕戦ダイキンオーキッドレディス第3日

 女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは5日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で第3日が行われた。6位で出た21歳の西村優菜(スターツ)は4バーディー、1ボギーの69で回り、通算7アンダーで首位と3打差の3位に浮上した。ボギーが先行したものの、「いいストロークができている」と言い聞かせてセルフコントロール。目標の60台を2日連続で達成し、ツアー通算5勝目へのチャンスを手繰り寄せた。10アンダーの渡邉彩香と黄アルムが首位。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 西村は焦らずにその時を待った。2番パー4をボギーにした後、なかなかバーディーパットを決められなかったが、「いいストロークはできている。大丈夫」と思い続けた。7番パー5で2メートル半のパットを決めてスコアを戻した。10、15番のパー4でもバーディー。18番パー5では2メートルを決めて、バーディー締めに右拳を上下させた。

「あと一筋のパターが続きましたが、パットのストロークは緩まないでいい感じだったので、前向きでした。いい緊張感でラウンドができました。目標の60台で回れましたし、成長を感じます。ショットも1年前は(ラウンド中に)修正できなかったけど、今は気づけます」

 第2日は、ドライバーショットの荒れを防ぐために「80%の力で打つ」と徹底し、スコアを伸ばした。この日は「焦らない」というメンタルの対応力を発揮。こだわりを捨て、その日の状況に合わせてプレーできることが、今の地位を築いている。

 もっとも、身長にはこだわりがあるようだ。1月30日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」に他の女子プロゴルファーと出演。常に「自分の方が高い」と言い合っている山下美夢有と2人で、実際に身長を測る企画が行われた。結果、山下が150.3センチで西村は149センチと判明した。

 会見では「ショックでした。(山下からも)『優菜ちゃんの方が小さい』と言われて」と心情を明かした。日本女子プロゴルフ協会公式サイトでは「150センチ」と明記されており、「これからも『150センチ』と言い続けます」とニッコリ。取材陣を笑わせて会見を締めた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集