[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

開幕戦Vへ、渡邉彩香が左打ちの“妙技”で首位浮上! 「バンカー内の左は初めて」

女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは5日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で第3日が行われた。2位で出た渡邉彩香(大東建託)は1イーグル、2バーディー、1ボギーの69で回り、通算10アンダーで黄アルム(韓国)と並んで首位に立った。17番パー4では第2打を直接カップインさせ、18番パー5ではバンカー内の第3打でパターでの左打ち。パーセーブという驚愕のプレーも見せた。

左打ちの“妙技”でグリーンと逆方向に転がした渡邉彩香【写真:Getty Images】
左打ちの“妙技”でグリーンと逆方向に転がした渡邉彩香【写真:Getty Images】

今季開幕戦ダイキンオーキッドレディス第3日

 女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは5日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で第3日が行われた。2位で出た渡邉彩香(大東建託)は1イーグル、2バーディー、1ボギーの69で回り、通算10アンダーで黄アルム(韓国)と並んで首位に立った。17番パー4では第2打を直接カップインさせ、18番パー5ではバンカー内の第3打でパターでの左打ち。パーセーブという驚愕のプレーも見せた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 最終18番パー5。渡邉が観客をどよめかせた。グリーン左のバンカー内で、左打ちのスタンスに入ったからだ。しかも、手にしたのはパターだった。

「キャディーさんから言われて、『じゃあ、それで打ちます』という感じでした」

“曲芸”をするに至ったのは、ボールがグリーン側の壁についていたからだ。右打ちにするにもスタンスが取りにくく、左打ちでもバックスイングが「20~30センチしか取れない」と説明。困惑するしかなかったが、キャディーが即座に「左打ちのパターで」と提案した。

 納得してピン型パターを持った渡邉は、左打ちで構えてヘッド裏側の下部に当てて5ヤードほど転がした。バンカー中央からの第4打をピン3メートルにつけ、パーパットは真ん中からカップイン。渡邉は右拳を上下させて、会心の笑顔を見せた。

「バンカー内の左打ちは初めてです。うまくできました。ロングホールでバーディーを狙っていましたが、『悔しい』と思わずにすぐに切り替えられました。明日に繋がる大きなパーセーブになりました。今日の一番いいプレーでした」

 オフにメンタルコーチから「自分を認めて」と言われ、全てに前向きなれているという。「後悔よりも、いいところを探していく」。その繰り返しが、ここでも生きた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集