[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

賞金女王・稲見萌寧、実力知る“後輩”西郷真央の初Vを祝福「当たり前のように勝った」

女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは6日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で最終日が行われた。4位から出た稲見萌寧(Rakuten)は、2バーディー、4ボギーの74で回り、通算4アンダーで10位だった。在籍する日本ウェルネススポーツ大の後輩で、ツアー初優勝を飾った西郷真央(島津製作所)を祝福しつつ、その実力を知るがゆえに「勝ったことに驚いてはいない」とも語った。

通算4アンダーで10位だった稲見萌寧【写真:Getty Images】
通算4アンダーで10位だった稲見萌寧【写真:Getty Images】

女子ゴルフ開幕戦・ダイキンオーキッドレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは6日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で最終日が行われた。4位から出た稲見萌寧(Rakuten)は、2バーディー、4ボギーの74で回り、通算4アンダーで10位だった。在籍する日本ウェルネススポーツ大の後輩で、ツアー初優勝を飾った西郷真央(島津製作所)を祝福しつつ、その実力を知るがゆえに「勝ったことに驚いてはいない」とも語った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 稲見はアテストが終わると、すぐに西郷のもとに駆け付けた。カメラの前で抱擁。西郷も甘えるように稲見の腰に手を回した。会見で稲見は、西郷の優勝を驚いてはいなかったと明かす。ジュニア時代から競い合い、その実力をよく知るからだ。

「ショットメーカーですし、いつ勝ってもおかしくない選手だと思っていました。(予選ラウンドも)一緒に回って、難しいところから、アプローチを寄せてパーを取っていました。だから、驚いていないです。『やることをやって、当たり前のように勝ったね』という感じです」

 稲見にとって西郷は大学ゴルフ部の後輩でもあり、昨季も「大丈夫。勝てるから」と声をかけていた。西郷は励ましに感謝しているが、稲見は「私、誰とかよりも自分との闘いだと思っています。同い年やその前後が強敵ばかりで、年上の上田桃子さんも凄い。誰がというよりもみんなが強いので、自分がもっと伸ばして勝つという感じでいます」とも語った。

 この日はスコアを伸ばせず、順位を落として終了。昨季賞金女王として期待された優勝については「意識しなかった」というが、「もう少しいい位置で終わりたかった」と悔やみ、「後半は風が気になっていい流れが掴めなかったです」と振り返った。昨年大会優勝者として迎える次戦の明治安田生命レディス(11~13日、高知・土佐CC)に向けて「自分の名前に負けないように、全体的に修正したいです」と気を引き締めていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集