[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ザギトワ、来季新SPは「オペラ座の怪人」 海外ファン歓迎「素晴らしいチョイス」

ザギトワ、来季新SPは「オペラ座の怪人」 海外ファン歓迎「素晴らしいチョイス」

フィギュアスケートの平昌五輪金メダル、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が来季ショートプログラム(SP)で「オペラ座の怪人」を演じることになった。振付師を務めるダニイル・グレイヘンガウス氏が自身のインスタグラムで明らかにした。

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

振付師がSNSで発表、かつて羽生も演じたプログラムに期待の声

 フィギュアスケートの平昌五輪金メダル、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が来季ショートプログラム(SP)で「オペラ座の怪人」を演じることになった。振付師を務めるダニイル・グレイヘンガウス氏が自身のインスタグラムで明らかにした。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 グレイヘンガウス氏はインスタグラムを2日に更新。「アリーナ・ザギトワのための新ショートプログラム! オペラ座の怪人!」とつづり、1枚の画像を掲載している。黒の練習着と手袋を着け、右手を伸ばし、リンク上で遠くを見つめるザギトワ。グレイヘンガウス氏はすぐ後ろで左手で顔を覆い、立ち尽くしている。2人で「オペラ座の怪人」の情景を表し、新SPを伝えている。

 ザギトワのSPといえば、今季は白と黒を基調にしたチュチュの衣装で映画「ブラック・スワン」を演じ、平昌五輪では歴代世界最高得点をマークした。新SPに選んだ「オペラ座の怪人」は羽生結弦(ANA)もかつて演じるなど、男女問わず多く用いられるプログラム。しかし、編曲次第で雰囲気も変わるだけに、ザギトワはどんなアレンジで挑むのか、注目を集めそうだ。

 グレイヘンガウス氏の投稿では海外ファンも多く反応。「とても興奮する」「これは面白そう」「素晴らしいチョイス、演技が待ち切れない」など、歓迎のコメントが続々と上がっていた。新シーズン開幕まで半年あるが、18-19年シーズンに早くも注目が高まっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー