[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、こんなに肩が強いのか 遊撃手の“豪送球”に米驚嘆「誰か球速を計測して!」

なぜ、こんなに肩が強いのか 遊撃手の“豪送球”に米驚嘆「誰か球速を計測して!」

米大リーグで、これぞショートの華というべきスーパープレーが炸裂。三遊間の最深部でゴロに追いつき、ノーバウンドの“豪送球”で一塁アウトにしてみせた。MLB公式ツイッターは「キャノン砲」と命名して動画付きで公開。米ファンは「誰かこの送球のスピードを計測して!」「球が見えなかったぞ。視覚を超えたんだ」など、口があんぐり状態となっている。

ロッキーズのトレバー・ストーリー【写真:Getty Images】
ロッキーズのトレバー・ストーリー【写真:Getty Images】

ロッキーズ・ストーリーの速すぎる一塁送球、MLBは「キャノン砲」と命名

 米大リーグで、これぞショートの華というべきスーパープレーが炸裂。三遊間の最深部でゴロに追いつき、ノーバウンドの“豪送球”で一塁アウトにしてみせた。MLB公式ツイッターは「キャノン砲」と命名して動画付きで公開。米ファンは「誰かこの送球のスピードを計測して!」「球が見えなかったぞ。視覚を超えたんだ」など、口があんぐり状態となっている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 なぜ、こんなに肩が強いのか。「キャノン砲」のスーパー送球で話題を呼んでいるのは、ロッキーズの遊撃手、トレバー・ストーリー内野手だ。

 4月30日(日本時間5月1日)の敵地カブス戦、2-3とビハインドで迎えた7回だ。先頭の右打者ラッセルが引っ張り、三遊間へ強烈なゴロを放った。これに反応したのが、ストーリーだ。185センチの全身をいっぱいに伸ばし、白球に飛びついた。きっちりと左手のグラブでキャッチ。この時点でファインプレーだが、圧巻は次の瞬間だった。

 すぐさま立ち上がったストーリー。すると、右腕をぶん回した。放たれた白球はまるで豪腕投手のような球速。全く垂れることなく、助走なしで投げたとは思えない軌道を描き、ノーバウンドで一塁手のミットに収まった。タイミングは悠々アウト――。驚異のプレーに実況と解説は大興奮の声を上げたが、当の本人は「これくらい当たり前」と言わんばかりに涼しい顔だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー