[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 大谷翔平、“第3の武器”をあのスピードスターが太鼓判「あの足の長さは反則」

大谷翔平、“第3の武器”をあのスピードスターが太鼓判「あの足の長さは反則」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は投打に渡る活躍でアメリカにセンセーションを巻き起こしている。ベーブ・ルースを彷彿とさせる「二刀流」だが、米国では左足首の故障を機に第3の武器もクローズアップされている。

大谷翔平、永井謙佑【写真:Getty Images】
大谷翔平、永井謙佑【写真:Getty Images】

二刀流の大谷は俊足ぶりも米屈指、一塁への到達時速は32.26キロを計測

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は投打に渡る活躍でアメリカにセンセーションを巻き起こしている。ベーブ・ルースを彷彿とさせる「二刀流」だが、米国では左足首の故障を機に第3の武器もクローズアップされている。

 それは圧倒的なスピードを生かした走塁だ。4月27日(日本時間28日)のヤンキース戦の走塁中に左足首を捻挫した大谷だが、マイク・ソーシア監督は常々「代走でも考えている」と語るほど、走力も高く評価している。

 同戦で2回の第1打席で右翼席にライナー性で突き刺す本塁打を放ったが、続く第2打席はバットを折りながらの二ゴロに。一塁まで全力疾走した際、一塁手の足を避けるためにベースの隅を踏んだところで、左足首を軽く捻挫してしまった。

 MLB公式サイトでは、このシーンをデータで分析。一塁までの到達スピードは秒速29.4フィート(約8.96メートル)だったとしている。時速に換算すれば32.26キロとなるが、MLBのデータ解析システム「スタットキャスト」によると、昨季の一塁到達の最速記録は、ア・リーグMVPに輝いたアストロズのホセ・アルトゥーベ内野手で、9月24日のエンゼルス戦の5回にセーフティスクイズを決めた際に、時速32.8キロだった。

1 2 3 4
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー