[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • アウト8個はすべて三振、24歳新鋭左腕の圧巻投球に米驚愕「なんて切れ味なんだ」

アウト8個はすべて三振、24歳新鋭左腕の圧巻投球に米驚愕「なんて切れ味なんだ」

米大リーグ、ブルワーズのジョシュ・ヘイダー投手が30日(日本時間5月1日)、敵地レッズ戦で圧巻の投球を披露した。7回1死から登板し、2回2/3を投げて、打者9人から8三振の快投で今季4セーブ目を挙げた。MLB公式インスタがこの衝撃の奪三振ショーを動画を公開。ファンからは「なんて切れ味なんだ」などと驚愕の声が上がっている。

ブルワーズのジョシュ・ヘイダー【写真:Getty Images】
ブルワーズのジョシュ・ヘイダー【写真:Getty Images】

ブルワーズの守護神ヘイダーが8つのアウトを全て三振で奪う圧巻の投球

 米大リーグ、ブルワーズのジョシュ・ヘイダー投手が30日(日本時間5月1日)、敵地レッズ戦で圧巻の投球を披露した。7回1死から登板し、2回2/3を投げて、打者9人から8三振の快投で今季4セーブ目を挙げた。MLB公式インスタがこの衝撃の奪三振ショーを動画を公開。ファンからは「なんて切れ味なんだ」などと驚愕の声が上がっている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 まさに圧巻の投球だった。1点リードの7回1死から登板したヘイダー。まずは先頭のボットに、ワンバウンドする78マイル(約126キロ)のスライダーを振らせ三振。続くシェブラーも83マイル(約134キロ)のスライダーで空振り三振を奪った。

 8回は今度はファストボールで魅せた。95マイル(約153キロ)前後の外角直球を振らせて3三振。1死から四球の走者こそ許したが、ここまで5つのアウトをすべて三振で奪った。

 そして9回、3イニング目のマウンドへ。先頭のハミルトンは93マイル(約150キロ)の直球でスリーバント失敗に仕留めると、続くウィンカーは外のスライダーで空振り三振。最後はペラザを高めの95マイル(約153キロ)を振らせて、締めくくった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー