[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メダリストが語る“言葉の力”とは? 高木美帆は平仮名3文字、渡部暁斗は四字熟語…

メダリストが語る“言葉の力”とは? 高木美帆は平仮名3文字、渡部暁斗は四字熟語…

平昌五輪スピードスケートで金銀銅のメダルコンプリートの快挙を成し遂げた高木美帆(日体大助手)とノルディック複合個人ノーマルヒルで2大会連続銀メダルの渡部暁斗(北野建設)が28日、契約するアイウェアブランド「オークリー」の原宿店でトークショーを行った。

高木美帆、渡部暁斗【写真:編集部】
高木美帆、渡部暁斗【写真:編集部】

高木美帆と渡部暁斗が原宿でトークショー、互いに他競技での注目選手の名も

 平昌五輪スピードスケートで金銀銅のメダルコンプリートの快挙を成し遂げた高木美帆(日体大助手)とノルディック複合個人ノーマルヒルで2大会連続銀メダルの渡部暁斗(北野建設)が28日、契約するアイウェアブランド「オークリー」の原宿店でトークショーを行った。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 オークリーストア原宿店には、2人のメダリストの姿を見ようと店内から溢れ、店外にも人だかりができるほど多くのファンが集まった。「オレンジとイエロー」2色のグラデーションが特徴的なオークリーのサングラス、ゴーグルをつけてメダルを勝ち取った両選手は、競技上での欠かせないポイントをまずはこう説明した。

「風が強い当たると涙が出る。風よけのためにつける。目のコンディショニングはすごく大事です」(高木)

「ジャンプは滑っているときには90キロ以上の速度が出る。着地の際は100キロ以上。風から目を守ることは大事ですし、着地する雪面が凸凹していることもあるので、よく見えると対応しやすいですね」(渡部)

 戦う上では絶対に欠かせない“武器”だと強調。また2人は同じオークリーと契約しているアスリートの中で、個人的に注目している選手の名前もあげた。

 渡部が注目しているのは、2020年の東京五輪から正式種目に採用されたBMXの中村輪夢だった。「2020年も近づいているし、若い選手で注目しています。僕もトレーニングでバイクに乗りますが、BMXはすごく高く飛んだり回ったり、なぜああいうふうに乗れるんだろうなと。会ったことはありませんが、常にチェックしてます」と4年後にメダル獲得が期待される、16歳の新星を一押し。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー