[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、“156キロ粉砕弾”を続々速報「101マイル投げ数日後にHR。何てことを…」

大谷翔平、“156キロ粉砕弾”を続々速報「101マイル投げ数日後にHR。何てことを…」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地ヤンキース戦に「5番・DH」でスタメン出場。2回にヤンキース開幕投手の右腕セベリーノから4号先制ソロを放った。難しい内角の97マイル(約156キロ)を弾丸ライナーで、およそ3.5秒で右翼席に叩き込む“超速弾”をMLBは公式ツイッターで「97マイルの内角? ショウヘイには問題なし」と動画付きで公開。さらに、米メディアも「101マイルを投げた数日後にホームラン。なんてことをやってのけるんだ」などと続々速報している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ヤンキース開幕投手セベリーノの内角剛球撃ち、米メディア大反響

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地ヤンキース戦に「5番・DH」でスタメン出場。2回にヤンキース開幕投手の右腕セベリーノから4号先制ソロを放った。難しい内角の97マイル(約156キロ)を弾丸ライナーで、およそ3.5秒で右翼席に叩き込む“超速弾”をMLBは公式ツイッターで「97マイルの内角? ショウヘイには問題なし」と動画付きで公開。さらに、米メディアも「101マイルを投げた数日後にホームラン。なんてことをやってのけるんだ」などと続々速報している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 日本が誇る二刀流は何度でも驚かせてくれる。大谷はひと振りでエンゼルスタジアムに熱狂を呼んだ。

 2回1死走者なし、1ボール1ストライクからの3球目だ。ヤンキースの開幕投手右腕セベリーノが投じたのは97マイル(約156キロ)の内角直球だ。懐への厳しい1球だったが、大谷は迷わず振り抜いた。低く鋭く飛んだ打球は一直線で右翼席へ。打ってから、およそ3.5秒。ファンが視線を追っている間に、あっという間に着弾した。

 開幕から1か月、まだ4月にして早くも4号。MLB公式ツイッターは「97マイルの内角? ショウヘイには問題なし」と題し、動画付きで公開。ツイッター上で米メディアも続々と速報した。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー