[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福士加代子、引退当日まで「語録」連発で別れ 最後は爆笑会見「本出します!買って!」

大阪ハーフマラソンが30日、大阪・ヤンマースタジアム長居発着の21.0975キロで開催された。大阪国際女子マラソンと同時スタートとなり、引退レースの福士加代子(ワコール)は1時間16分4秒の30位で完走。数々の名シーンを残してきたランナーがラストランを終えた。これまで数々の“名言”を残した39歳。レース後の引退セレモニーも会見も、最後まで「福士語録」を連発し、シューズを脱いだ。

福士加代子【写真:奥井隆史】
福士加代子【写真:奥井隆史】

大阪ハーフマラソン、福士加代子が現役最終レース

 大阪ハーフマラソンが30日、大阪・ヤンマースタジアム長居発着の21.0975キロで開催された。大阪国際女子マラソンと同時スタートとなり、引退レースの福士加代子(ワコール)は1時間16分4秒の30位で完走。数々の名シーンを残してきたランナーがラストランを終えた。これまで数々の“名言”を残した39歳。レース後の引退セレモニーも会見も、最後まで「福士語録」を連発し、シューズを脱いだ。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 福士は途中で笑みを浮かべながら走る場面も。長居公園に入ると、苦しそうに脇腹を押さえたり、腕を回したりして大きく減速。時折歩くシーンもあった。追い抜く周りのランナーまでもエールを送る。トラックに入ると観客から声援。福士は笑顔で手を振りながら駆け抜けた。2006年に当時日本記録の1時間7分26秒をたたき出したハーフ。最後の瞬間まで力を尽くし、ファンに激走を届けた。

 しかし、福士らしさはレース後に全開となった。引退セレモニーでは、山あり谷ありだった現役生活を振り返り「自分とよく会話をしました。その中で毎日やれるんじゃないかという希望と、もしかしたら走れなくなるのではという不安もあった。ちっこい胸ですけど、痛んでました」と“福士節”で笑顔を届けた。

「やめたくなかったかなー! 走るの楽しかったもん!! でも今日は走れなくなったので終わりにします!」「最後はエアハグをしましょう。ぎゅ~~~!! みなさん辛い時には自分を抱きしめて下さい!」と呼びかけ、明るく振る舞った。そして、最後は記者会見。ここでも、多くのファンに親しまれた“福士節”を織り交ぜながら語った。

――レースを振り返って。

「引退らしからぬ明るさでびっくり。明日から寂しくなるんでしょうね。転んだ時の再来かと。今日は苦し紛れにできた。最後の方は『頑張ってください!』って言われて希望を持てるんだなと感じました。苦しい中でも楽しかったです。逆に私からありがとうと思って走れた」

――大阪でラストレース。

「こんなにダラダラでズルズルになって走るとは思わなかった。慣れ親しんだところで、知り合いがいっぱいいた状況で走れてよかった。やっぱり一番最初のきつかったレースを思い出す。勝っているけど、ここでマラソンを始めたのをきっかけに自分のいろんな感情を出せた。よかったことも悪かったことも忘れるんでしょうね。あまり言いたくないけど、マラソンをやってよかったなって思います。散々走りたくないとか思っていたけど、マラソンをやっていてよかった。言いたくはないですけどね」

――マラソンをやってよかった理由は。

「マラソンのおかげでちょっと走る時間が長くなって、道具は靴しかないので自分と会話するしかない。毎日どうやったら走れるだろうと会話した。それで自分の嫌いなところも含めて全部好きになった。自分と向き合えたのはマラソンのおかげ」

――明日以降はどんな過ごし方を。

「たぶんダラダラの生活しかしないと思う。朝も起きない。夜まで起きている。体形、体調維持のために走ろうとは思うけど。無理せずやると思います」

――本も出す。

「本を出します! 買ってください! そしたら私の生活が凄く楽になる。ワコールには残るので、企画したり、イベントがあれば行ったり。それくらいしか考えていません」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集