[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大阪国際Vの松田瑞生、引退レースを走った福士加代子も絶賛「すげえ強い選手です」

大阪国際女子マラソンが30日、大阪・ヤンマースタジアム長居発着の42.195キロで行われ、26歳の松田瑞生(ダイハツ)が2年ぶり日本人大会最多となる3度目の優勝を果たした。2時間20分52秒は自己ベストを55秒を上回り、21年一山麻緒の大会最速2時間21分11秒も更新した。7月の世界選手権の派遣記録(2時間23分18秒)を突破し、代表入りに前進。24年パリ五輪代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC、23年秋開催)の出場権も獲得した。

大阪国際女子マラソンで優勝した松田瑞生【写真:西村尚己/アフロスポーツ】
大阪国際女子マラソンで優勝した松田瑞生【写真:西村尚己/アフロスポーツ】

福士から松田へ「ちょっと運悪くて五輪は行けなかっただけ」

 大阪国際女子マラソンが30日、大阪・ヤンマースタジアム長居発着の42.195キロで行われ、26歳の松田瑞生(ダイハツ)が2年ぶり日本人大会最多となる3度目の優勝を果たした。2時間20分52秒は自己ベストを55秒を上回り、21年一山麻緒の大会最速2時間21分11秒も更新した。7月の世界選手権の派遣記録(2時間23分18秒)を突破し、代表入りに前進。24年パリ五輪代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC、23年秋開催)の出場権も獲得した。

【注目】スポーツ好きなら活用すべし アスリートとサポーターを“つなぐ”『チアスタ!』の教科書

 引退する陸上界のレジェンドも称える走りだった。松田は積極的に3人の男子ペースメーカーを従えるほどの勢いでレースを引っ張り、中間地点を過ぎて抜け出した。終盤は独走態勢。トップを譲ることなく、最後まで圧勝した。

 レース後はハーフマラソンに出場し、引退レースを終えた福士加代子とともにフジテレビの中継に出演。福士は松田について問われると「おめでとうですよ」と祝福。「安定ですよね、2時間20分くらいで。ちょっと運悪くて(東京)五輪は行けなかっただけ」と実力を認め、「レベルは確実に高い。すげえ強い選手だと思いますよ」と絶賛した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集