[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 宮原知子に再びメダル!? “蝶々夫人”の衣装に米脚光「完璧なバランスに仕上げた」

宮原知子に再びメダル!? “蝶々夫人”の衣装に米脚光「完璧なバランスに仕上げた」

 フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は様々なドラマを起こし閉幕した。同時に2017-18シーズンが終了。選手たちは各地のアイスショーに出演するなどしながら、来季へ向けて英気を養っていくことになる。米スケート専門メディア「icenetwork」では同大会の選手の衣装にスポットを当てて、独自のランキングを発表。女子シングルで銅メダルだった日本の宮原知子(関大)に、また別の“銅メダル”を授与している。

宮原知子【写真:Getty Images】
宮原知子【写真:Getty Images】

米専門メディアが世界選手権での衣装をランク付け、宮原は演技同様銅メダル獲得

 フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は様々なドラマを起こし閉幕した。同時に2017-18シーズンが終了。選手たちは各地のアイスショーに出演するなどしながら、来季へ向けて英気を養っていくことになる。米スケート専門メディア「icenetwork」では同大会の選手の衣装にスポットを当てて、独自のランキングを発表。女子シングルで銅メダルだった日本の宮原知子(関大)に、また別の“銅メダル”を授与している。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 世界選手権では3位に入り見事に銅メダルを獲得した日本の宮原。銀メダルだった樋口新葉(日本橋女学館高)と共に、ダブル表彰台を成し遂げた。同メディアは「世界ファッションアワード選手権」と題した特集を掲載し、衣装に注目している。

 独自のランキングによると、金メダルがケイトリン・オズモンド(カナダ)のショートプログラム(SP)の衣装。銀がトース・イヴェット(ハンガリー)のSPでの衣装。そして実際の結果と同じく銅メダルが宮原のフリーの衣装だった。

 宮原はフリーで鮮やかな青色の「蝶々夫人」の衣装で美しく舞った。衣装について、「(銀の)イヴェットとは対照的に、今シーズン、サトコは伝統的な氷姫のような繊細な蝶々夫人を全うした。華麗で細やか、退廃的でそしておとなしい。これは完璧に銅メダルに値する見事なバランスで仕上げている」と寸評をつけて称えている。

 あくまで同メディアの記者による主観的なもので、本来の順位とは関係しないが、フィギュアにおいては衣装も大事な要素の一つ。宮原は演技でも、そしてビジュアルでも注目を集めていたのは間違いない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー