[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 女子は千葉などが4強進出、運動能力抜群の177センチ花島が活躍「楽しんでやれたら」

女子は千葉などが4強進出、運動能力抜群の177センチ花島が活躍「楽しんでやれたら」

中学生年代の都道府県選抜選手が出場する「第31回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会」は29日に東京体育館で第2日を行い、男女の準決勝進出チームが決定した。全国各地の有望株が集まる大会で、女子では千葉県代表の花島百香(昭和学院中)らが活躍を見せた。

千葉県代表の花島百香【写真:平野貴也】
千葉県代表の花島百香【写真:平野貴也】

抜群の身体能力に加え177センチの長身、花島の活躍で千葉が4強入り

 中学生年代の都道府県選抜選手が出場する「第31回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会」は29日に東京体育館で第2日を行い、男女の準決勝進出チームが決定した。全国各地の有望株が集まる大会で、女子では千葉県代表の花島百香(昭和学院中)らが活躍を見せた。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 抜群の身体能力でチームを4強に導いた。花島は、中学2年生(4月から3年)で177センチの長身。高さを生かしたリバウンドと、ドライブから伸びやかに跳び上がるレイアップでパワーフォワードとして活躍し、攻守の軸となっていた。WJBLの日立ハイテクでプレーした経験を持つ桑原美和コーチは「バネもスピードもある選手。ドライブで入ってから、ぐわんと跳べるので、羨ましいですね」と評価した。小学6年生のときに行ったスポーツテストは、8項目すべて満点という優れた身体能力は魅力的だ。

 花島は小学生の頃から注目を集めている。恵まれた体格は、剣道経験者の父と、ソフトボール経験者の母から受け継いだ。幼い時から体が大きく、バスケットボールかバレーボールが向いているだろうと考えた両親が、近隣にバスケットスクールを見つけたことが、競技に取り組むきっかけとなった。

 小学2年生からチームに入り、小学6年生だった2016年に全国ミニバスケットボール大会でブロック準優勝。すでに170センチ台だった高さが最大の武器だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー