[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ハリル日本、本番までの本当の修正点は? 英メディア指摘「格段に改善が必要」

ハリル日本、本番までの本当の修正点は? 英メディア指摘「格段に改善が必要」

サッカーロシアW杯まで残り3か月を切った。日本代表はメンバー選考前最後の実戦として、ベルギーでの親善試合2試合を行ったが、マリとは1-1でドロー、ウクライナには1-2で敗れるなど低調な結果に終わった。海外メディアは日本の特集を組み、本番までの修正ポイントを分析。「守備組織を格段に改善させなければならない」と指摘し、ディフェンス面を最も懸念している。

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】
日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

低調な日本代表の現状を英メディアが特集、問題点をあぶりだしている

 サッカーロシアW杯まで残り3か月を切った。日本代表はメンバー選考前最後の実戦として、ベルギーでの親善試合2試合を行ったが、マリとは1-1でドロー、ウクライナには1-2で敗れるなど低調な結果に終わった。海外メディアは日本の特集を組み、本番までの修正ポイントを分析。「守備組織を格段に改善させなければならない」と指摘し、ディフェンス面を最も懸念している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大事な2度のテストマッチで大きな収穫をつかむことができなかったハリルジャパン。英スポーツ専門メディア「REAL SPORT」は日本代表の現状を特集し、問題点を指摘している。

「日本は、W杯のデモンストレーションとしてウクライナ戦にも臨んだが、あえなく敗戦。だが、1-2というスコア以上の完敗だった。そして何より、その完敗以上に問題なのが、日本にほとんど印象的なパフォーマンスが残っていない、ということだ」

 記事ではこう伝え、この2試合がスコア以上に内容にも乏しかったとしている。そしてW杯本番で日本が属するグループHについても言及した。

「コロンビア、ポーランド、セネガル。日本が配属されたグループは、最も先の読めない組み合わせとなった。そして日本は、ロシアに向けた本番前の予行として、近隣国と対戦する模範的な試合を組むことに成功した。例えば夏には仮想コロンビアとしてのパラグアイとの対戦を控えている」

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー