[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、米フォーブス選出の“アジアの若き30人”入り 松山、大谷、高梨も…

羽生結弦、米フォーブス選出の“アジアの若き30人”入り 松山、大谷、高梨も…

米経済誌「フォーブス」が今まさに世界に影響を与える“若きアジアの30人”を発表。日本からフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)、ゴルフの松山英樹(レクサス)、野球の大谷翔平(エンゼルス)、スキージャンプの高梨沙羅(クラレ)の4人が選出されている。

大谷翔平、羽生結弦、松山英樹、高梨沙羅【写真:Getty Images】
大谷翔平、羽生結弦、松山英樹、高梨沙羅【写真:Getty Images】

世界に影響を与えるアジアの若き才能30人…日本人では羽生、松山、大谷、高梨が選出

 米経済誌「フォーブス」が今まさに世界に影響を与える“若きアジアの30人”を発表。日本からフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)、ゴルフの松山英樹(レクサス)、野球の大谷翔平(エンゼルス)、スキージャンプの高梨沙羅(クラレ)の4人が選出されている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 世界の長者番付、世界で最も影響力のある人物ランキングなどで話題を集めている同誌。今回は「アジアの若き才能」にスポットを当てている。アスリート界そして、女優、歌手らショービジネス界から世界に影響を与える30歳以下の30人を選出。特に近年、大きな輝きを放つ人物を取り上げている。

 女優やアーティスト、ラッパー、映画監督ら各界から若き天才たちの名前が並ぶ中で日本からは平昌五輪で66年ぶりの連覇を達成した羽生。ゴルフで世界一を目指す松山。昨オフメジャーに挑戦した“世界の二刀流”大谷。そしてスキージャンプでW杯歴代最多55勝の高梨という日本を代表するアスリート4人が入った。

 同誌は個々に寸評をつけている。羽生についてはこう紹介している。

「ユヅル・ハニュウはフィギュアスケート界の生ける伝説だ。彼は世界記録を樹立したのち、自分自身でその世界記録を打ち破った。五輪では2連覇を達成。彼の次なる野望はいまだ大会で誰も成し遂げていない4回転アクセルだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー