[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

樋口新葉、大会名シーンに選出されずも支持する声多数 「なぜ、ワカバがないんだ」

フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は様々なドラマが起きた。男子シングルではネイサン・チェン(米国)が初優勝。宇野昌磨(トヨタ自動車)も右足の痛みと戦いながら2年連続銀メダルを獲得し海外からも脚光を浴びた。そして女子シングルでは大本命のアリーナ・ザギトワ(ロシア)がまさかの5位に終わり、ケイトリン・オズモンド(カナダ)が優勝。日本の樋口新葉(日本橋女学館高)が銀メダル、宮原知子(関大)が銅メダルでダブル表彰台を成し遂げた。

樋口新葉【写真:Getty Images】
樋口新葉【写真:Getty Images】

圧巻演技で銀メダルの樋口、専門メディアの名シーンには選出されずもファンの心はつかんだ

 フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は様々なドラマが起きた。男子シングルではネイサン・チェン(米国)が初優勝。宇野昌磨(トヨタ自動車)も右足の痛みと戦いながら2年連続銀メダルを獲得し海外からも脚光を浴びた。そして女子シングルでは大本命のアリーナ・ザギトワ(ロシア)がまさかの5位に終わり、ケイトリン・オズモンド(カナダ)が優勝。日本の樋口新葉(日本橋女学館高)が銀メダル、宮原知子(関大)が銅メダルでダブル表彰台を成し遂げた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 米スケート専門メディア「icenetwork」の公式ツイッターは「世界選手権2018で最も象徴的なシーンは何?」としてアンケートを実施。チェンのフリーでの演技が41パーセントで最も支持を集めているが、ファンからは樋口を推す声が続々と上がっている。

 ショートプログラム(SP)での8位から、2位に巻き返した樋口。フリーでは冒頭の3回転サルコーを決めると、勢いに乗った。上位陣にミスが相次ぐなか、ほぼノーミスの演技を披露。滑り終えると感極まった表情を見せた。この魂の滑りは海外のフィギュアファンの胸を打ったようだ。

 同メディアがツイッターで行ったアンケートは4択。チェンのフリー。カロリーナ・コストナー(イタリア)のSP。ペアのサブチェンコ、マソ組(ドイツ)のフリー。アイスダンスのパパダキス、シゼロン組(フランス)のフリーダンスがピックアップされたが、これにフィギュアファンは納得いかない様子だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集