[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 山中慎介、涙の引退会見に海外からも続々惜別の声 「日本で最も高潔なボクサー」

山中慎介、涙の引退会見に海外からも続々惜別の声 「日本で最も高潔なボクサー」

ボクシングの元WBC世界バンタム級王者山中慎介(帝拳)が26日、引退会見を行い、現役に終止符を打つことを正式に表明した。日本歴代2位の12度の防衛を重ねた、歴史に残る名王者のラストを、海外メディアも続々と伝えている。

山中慎介【写真:Getty Images】
山中慎介【写真:Getty Images】

山中は26日に会見を行い引退を正式表明、名王者のラストを海外メディアも続々と報じた

 ボクシングの元WBC世界バンタム級王者山中慎介(帝拳)が26日、引退会見を行い、現役に終止符を打つことを正式に表明した。日本歴代2位の12度の防衛を重ねた、歴史に残る名王者のラストを、海外メディアも続々と伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 2006年にプロデビューした山中。2011年11月にWBC世界バンタム級王座決定戦でベルトを獲得すると、そこから12度の防衛に成功。“神の左”と呼ばれた強烈な左ストレートで対戦相手を次々とリングに沈めた。

 日本記録に並ぶ13度目の防衛戦は昨年8月、ルイス・ネリ(メキシコ)戦。4回TKO負けで6年間守ってきたベルトを失った。そして今月ネリとの再戦でも敗れ、正式に引退を決めた。ネリは1戦目の後に試合前のドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したことが発覚。再戦では今度は体重超過で王座をはく奪と、後味の悪いラストになってしまったが、山中自身のその功績になんら傷がつくわけではない。

 この日本ボクシング史に名を刻む王者の引退を、海外も敬意をもって伝えている。メキシコ専門メディア「NotiFight」は、「シンスケ・ヤマナカが正式に現役引退を発表」と見出しをつけて報道。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー