[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、猛攻完遂した8回TKO勝ちに海外メディア称賛「パワーパンチ思い知らせた」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)に8回2分34秒TKO勝ちした。2年1か月ぶりの国内凱旋試合で日本人の現役世界王者最多となるWBA6度目(正規王者時代も含む)、IBF4度目の防衛成功。4団体統一へ向け、一歩前進した。海外メディアは戦いぶりを高く評価した。

2年1か月ぶりの国内凱旋試合で8回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】
2年1か月ぶりの国内凱旋試合で8回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】

粘る挑戦者ディパエンに貫録、4団体統一戦へ前進

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)に8回2分34秒TKO勝ちした。2年1か月ぶりの国内凱旋試合で日本人の現役世界王者最多となるWBA6度目(正規王者時代も含む)、IBF4度目の防衛成功。4団体統一へ向け、一歩前進した。海外メディアは戦いぶりを高く評価した。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 ディパエンの驚異の粘りで8ラウンドを要したものの、戦いぶりは圧倒していた井上。英衛星放送局「スカイスポーツ」が「ナオヤ・イノウエがアラン・ディパエンを倒し、IBFとWBAバンタム級のタイトル防衛、パワーパンチを思い知らせた」との見出しで報じた記事では「ボクシング界屈指のハードパンチャーであることを業界に思い知らせた」と改めて称賛した。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」との見出しで「ナオヤ・イノウエがアラン・ディパエンに8回勝利、WBA/IBFバンタム級タイトル防衛」との見出しで報道。4団体統一を目指しているモンスターが順当に防衛を果たし、「イノウエは、これで待ち望んだスーパーファイトを楽しみにできる」と見通しが拓け、WBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)を含めた統一戦実現に前進したことを伝えた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集