[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 55Vの高梨沙羅、圧巻の連勝劇に海外称賛「並外れて優れたフォームを継続」

55Vの高梨沙羅、圧巻の連勝劇に海外称賛「並外れて優れたフォームを継続」

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子個人最終第15戦(オーベルストドルフ)は25日、平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)が99.0メートル、102.5メートルの合計250.40点で優勝し、今季初の2連勝。前日に男女を通じ、歴代単独最多としていたW杯通算勝利数を「55」に伸ばした。海外メディアは「並外れて優れたフォームを継続」と称賛している。

高梨沙羅【写真:Getty Images】
高梨沙羅【写真:Getty Images】

W杯最終戦で55勝締め…海外メディア「タカナシがオーベルストドルフで記録更新」

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子個人最終第15戦(オーベルストドルフ)は25日、平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)が99.0メートル、102.5メートルの合計250.40点で優勝し、今季初の2連勝。前日に男女を通じ、歴代単独最多としていたW杯通算勝利数を「55」に伸ばした。海外メディアは「並外れて優れたフォームを継続」と称賛している。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 最後の最後に、らしさが出た。高梨は1本目に99.0メートルを飛ぶと、2本目は102.5メートルと飛距離を伸ばした。前日と同様に2位のダニエラ・イラシュコ・シュトルツ(オーストリア)、3位のマーレン・ルンビ(ノルウェー)を抑え、今季初の連勝。シーズン最終戦を最高の形で飾った。

 これでW杯歴代最多を更新する55勝目。欧州のスポーツ衛星放送「ユーロスポーツ」は「サラ・タカナシがオーベルストドルフで記録更新」と見出しを打って特集。連勝で圧倒した高梨について「サラ・タカナシは並外れて優れたジャンピングフォームを継続している」と好調ぶりを称賛していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー