[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • みまひな、圧巻の“先手必勝V”に国際連盟も賛辞「もはや、2人のお家芸」

みまひな、圧巻の“先手必勝V”に国際連盟も賛辞「もはや、2人のお家芸」

卓球のITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープンは25日、女子ダブルス決勝で伊藤美誠(スターツSC)、早田ひな(日本生命)組がチョン・ジヒ、ヤン・ハウン(韓国)に3-1で完勝し、優勝した。序盤から先手必勝で果たした戴冠に対し、国際卓球連盟(ITTF)公式サイトは「ライトニングスタートを切り、先手必勝で任務遂行」「もはや、コンビのお家芸」と称賛している。

伊藤美誠、早田ひな【写真:Getty Images】
伊藤美誠、早田ひな【写真:Getty Images】

ドイツオープン決勝、韓国ペアを序盤から圧倒…ITTF「ライトニングスタート」

 卓球のITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープンは25日、女子ダブルス決勝で伊藤美誠(スターツSC)、早田ひな(日本生命)組がチョン・ジヒ、ヤン・ハウン(韓国)に3-1で完勝し、優勝した。序盤から先手必勝で果たした戴冠に対し、国際卓球連盟(ITTF)公式サイトは「ライトニングスタートを切り、先手必勝で任務遂行」「もはや、コンビのお家芸」と称賛している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 やっぱり、みまひなはコンビネーション抜群だった。伊藤、早田組は第1ゲームを11-3と大差で圧倒し、勢いに乗ると第2ゲームも11-5と連取。第3ゲームこそ10-12で落としたが、第4ゲームを11-6でものにし、圧巻の強さで頂点に輝いた。戴冠を果たした2人は抱き合って喜び、感情を爆発させていた。

「ITTF World」公式ツイッターは「GoldenSelfie」と題し、表彰式後にトロフィーを持って伊藤が自撮りし、かわいらしくピースサインを決める早田との“セルフィー2ショット”を掲載。さらに、公式サイトは2人の優勝を特集している。

「ヒナ・ハヤタとミマ・イトウはライトニングスタートを切り、試合早々にアドバンテージを掴み取ったのが大きかった。先手必勝で任務を遂行した」と紹介。「この展開はもはや、コンビのお家芸となっている。オープニングの2試合でも、ハヤタとイトウはリードを確立する砲弾を連射し続けていた」と序盤から圧倒する2人の強さを称賛している。

 記事によれば、伊藤は「試合で勝ち切れたこと、ドイツで2度目の優勝を成し遂げたことにとても満足しています」と語ったという。平野美宇とともに東京五輪へ向け、中心となる世代。今後の活躍がさらに楽しみだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー