[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 新たな魅力は組み替えペア? バドミントン新設大会、トナミ運輸が初代王者

新たな魅力は組み替えペア? バドミントン新設大会、トナミ運輸が初代王者

バドミントンの新設大会「トップ4トーナメント」は25日にゼビオアリーナ仙台で最終日を迎え、男子決勝はトナミ運輸(S/Jリーグ1位)が2-1で日本ユニシス(同リーグ2位)を破って初代王者に輝いた。

MVPを獲得した嘉村、小林組と大会アンバサダーの池田信太郎さん(左)【写真:平野貴也】
MVPを獲得した嘉村、小林組と大会アンバサダーの池田信太郎さん(左)【写真:平野貴也】

過去1度組んだだけの即席ぺア嘉村、小林組がMVP「とにかく、楽しめたことが一番」

 バドミントンの新設大会「トップ4トーナメント」は25日にゼビオアリーナ仙台で最終日を迎え、男子決勝はトナミ運輸(S/Jリーグ1位)が2-1で日本ユニシス(同リーグ2位)を破って初代王者に輝いた。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 トナミ運輸は、ダブルスのペアを組み替えて大会に臨んだ。本来のエースダブルスは、昨年の世界選手権で銅メダルを獲得した園田啓悟、嘉村健士組。2番手が世界ランク17位の保木卓朗、小林優吾組。しかし、今大会は園田と保木、嘉村と小林がペアを組んで臨んだ。決勝では、シングルスの常山幹太が敗れたが、ダブルスで2勝。園田、保木組は、第1ダブルスで世界ランク9位の井上拓斗、金子祐樹組を撃破。連係では劣るが、相手の金子が試合中に足を痛めた影響もあり、フレッシュな組み合わせによる勢いで勝って、優勝に貢献した。

 嘉村、小林組は、男子のMVPに選出された。嘉村は「準備期間がほとんどなかったけど(パートナーを替えて)とにかく、楽しめたことが一番。いつもとは違うペアだったけど、後輩(の小林)の成長を感じるところもあって嬉しかった。ペアを組み替えたけど、その中で勝ちに行ったし、勝てた」と過去に実業団大会で1度組んだだけの即席ペアでの勝利を喜んだ。

 大会は、国内大会S/Jリーグの上位4チームが参加する団体戦で、今季新設された。来季はS/Jリーグの日程が短縮されてトーナメントがプレーオフとして行われるが、今季はリーグ戦を短縮せずに大会が増える形になり、過密日程となった。日本A代表の主力選手は、BWF(国際バドミントン連盟)ワールドツアーの全英オープンから20日に帰国したばかり。疲労感は否めなかったが、フレッシュな組み合わせとなったトナミ運輸のペアは、プレッシャーから解放されて、普段とは異なるエネルギーで優勝を勝ち取った。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー