[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • チェン、復活の“史上最大47点差V”に米感動 リッポン「僕は泣いているよ」

チェン、復活の“史上最大47点差V”に米感動 リッポン「僕は泣いているよ」

フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のネイサン・チェン(米国)が215.08点をマークし、世界歴代2位となる321.40点で初優勝。2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)に史上最大の47.63点差をつける圧勝を飾った。平昌五輪でまさかの5位に終わった18歳の復活に対し、母国の盟友は「僕は泣いているよ」と号泣したことを明かすなど、米国に感動を呼んでいる。

ネイサン・チェン【写真:Getty Images】
ネイサン・チェン【写真:Getty Images】

2位宇野に47.63点差をつけて初優勝…米国フィギュア連盟が祝福

 フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のネイサン・チェン(米国)が215.08点をマークし、世界歴代2位となる321.40点で初優勝。2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)に史上最大の47.63点差をつける圧勝を飾った。平昌五輪でまさかの5位に終わった18歳の復活に対し、母国の盟友は「僕は泣いているよ」と号泣したことを明かすなど、米国に感動を呼んでいる。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 まさに圧巻――。一人だけ次元が違う滑りで、ミラノのリンクを支配した。チェンはルッツを含め4種類、計6本の4回転ジャンプを組み込み、高難度のプログラムを大きなミスなく滑り切った。得点は平昌五輪でマークした215.08点を上回り、自己ベスト歴代2位の219.46点。合計点も同じく世界歴代2位の321.40点を叩き出し、初優勝を飾った。

 悪夢から甦った。金メダル候補の一角に挙げられていた平昌五輪はSPですべてのジャンプに失敗し、17位に沈んだ。しかし、フリーは4回転を5本成功させる圧巻の逆襲劇で5位に入り、感動を呼んでいた。ただ、今回は当時を上回る高得点を叩き出し、2位の宇野につけた47.63点差は史上最大となる圧勝となった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー