[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥「想像を超える勝ち方をしたい」 モンスター狩り豪語の挑戦者に余裕の宣言

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われる。13日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量が行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)がリミットの53.5キロ、挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)が53.3キロでクリアした。戦績は28歳の井上が21勝(18KO)、30歳で世界初挑戦のディパエンが12勝(11KO)2敗。

計量をクリアし、会見でコメントする井上尚弥【写真:浜田洋平】
計量をクリアし、会見でコメントする井上尚弥【写真:浜田洋平】

14日ダブル世界戦の前日計量

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われる。13日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量が行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)がリミットの53.5キロ、挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)が53.3キロでクリアした。戦績は28歳の井上が21勝(18KO)、30歳で世界初挑戦のディパエンが12勝(11KO)2敗。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 計量をリミットでパスした井上。フェイスオフでは20秒ほど見つめ合った後、ディパエンとガッチリ握手を交わした。その後の会見では「無事に計量も終え、リカバリーも終わったところ。気持ち的にはリラックスして落ち着いている。2年ぶりの日本での試合、自分自身も楽しみ。素晴らしい試合をお見せする予定」と語った。

 井上が国内で行う世界戦は、2019年11月7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちして以来768日ぶり。直近2試合は米ラスベガスで戦い、3回KO勝ちした6月のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)戦以来の試合となる。

 主要4団体統一を目指すモンスター。バンタム級王座を巡っては、11日(日本時間12日)にWBC王者ドネアが暫定王者レイマート・ガバリョ(フィリピン)を4回KOで下し、団体内王座統一に成功した。WBOでは王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が、同日に予定していた防衛戦の前日計量を直前でキャンセル。減量苦もあり、ウイルス性胃腸炎で入院したと海外メディアに報じられ、試合中止となった。

 ドネア戦について井上は「先日ドネアがいい勝ち方をしたし、来春に向けてのモチベーションにもなる」「4団体統一に向けて、必要なベルトを持っているのがドネアなので、そこにこだわっていきたい」などと話した。一方のカシメロについては「まだ正確な情報がはっきりと出ていない。コメントする必要はないかなと思いますし、しっかりした情報が出てから」とした。

 会見で、相手のディパエンは「俺は(異名の)密林のプレデターではなく、モンスターハンターだよ」と豪語したが、井上は「これくらい気合入っていないといい試合にならない。期待、想像を超える勝ち方をしたい。楽しみにしていてください」と余裕たっぷりに語った。

 井上はディパエンに勝てば、WBA王座6度目(正規王者時代も含む)、IBF4度目の防衛成功となる。来春にWBCかWBOの王者と統一戦を行う見通し。「計量で(ディパエンの)体を見ましたが、しっかり仕上げていると思う。それでも力の差を見せて来年春、ビッグマッチに向かいたい。危なげなく、いつも通りしっかり勝つだけ」。日本人初の4団体統一へ、まずは改めて日本のファンに強さを見せつける。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集