[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

39歳ドネア、衝撃KOを呼んだ恐怖のレバーショットに米記者「未だ信じられないパワー」

米記者も度肝を抜かれる決着だった。ボクシングのWBC世界バンタム級王座統一戦12回戦は11日(日本時間12日)、米カリフォルニア州カーソンで行われ、正規王者ノニト・ドネアが暫定王者レイマート・ガバリョ(ともにフィリピン)に4回途中KO勝ち。初防衛とともに団体内統一を果たした。“恐怖のレバーショット”で決着したシーンはネット上で拡散され、メディア関係者からも驚きの声が上がっている。

ガバリョに4回途中KO勝ちで団体内統一を果たしたノニト・ドネア【写真:Getty Images】
ガバリョに4回途中KO勝ちで団体内統一を果たしたノニト・ドネア【写真:Getty Images】

左ボディーを打ち込みガバリョが悶絶、米記者「ドネアに年齢は関係ない」

 米記者も度肝を抜かれる決着だった。ボクシングのWBC世界バンタム級王座統一戦12回戦は11日(日本時間12日)、米カリフォルニア州カーソンで行われ、正規王者ノニト・ドネアが暫定王者レイマート・ガバリョ(ともにフィリピン)に4回途中KO勝ち。初防衛とともに団体内統一を果たした。“恐怖のレバーショット”で決着したシーンはネット上で拡散され、メディア関係者からも驚きの声が上がっている。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 その瞬間は4回終了間際に訪れた。接近戦に持ち込んだドネアは、ガバリョの右脇が空いた瞬間を見逃さなかった。強烈な左ボディーを打ち込み、レバーにダメージを受けた相手は膝を突いて悶絶。なんとか一度は立ち上がったものの、よほどダメージが大きかったのか、再びリングに膝を突いた。衝撃のKO。39歳とは思えないレジェンドの破壊力には驚くしかない。

 ツイッター上では本場の米記者も続々と驚きを発信している。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のマイク・コッピンガー記者は「ノニト・ドネアが4回KO勝ち! 39歳になったが、未だ信じられないパワーだ。彼はまだ終わっていない。ガバリョを終わらせた残酷なボディーショットだった」と年齢に抗う“フィリピンの閃光”を称賛した。

 さらに米スポーツ専門局「ESPN」のダン・ラファエル記者が「ドネアが4回にガバリョをKO。将来の殿堂入り選手は39歳になっても未だWBCバンタム級のベルトを保持している!」と伝えれば、同じく「ESPN」のスティーブ・キム記者は「ドネアに年齢は関係ない。イノウエ戦後のパフォーマンスを見ていると、もう1度(イノウエとの)試合を本当に見たい」と井上尚弥(大橋)との再戦を熱望していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集