[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

月1300km走っても「生理は来た」 金メダルと健康、野口みずきが2つを両立できた理由【THE ANSWER Best of 2021】

「しっかり食べないといけない」と教わった野口さん、食の大切さを説いた【写真:荒川祐史】
「しっかり食べないといけない」と教わった野口さん、食の大切さを説いた【写真:荒川祐史】

アテネ五輪前は体脂肪率7%も「生理が止まることはなかった」

 自身は16年4月に現役引退を表明し、19年1月から岩谷産業陸上競技部でアドバイザーに就任。故障しがちな選手、体重が少し重めな選手を見かける。「そういう子の食べ方を見ていると、ご飯粒を残している。間違った食べ方をしている子も中にはいますね」。現役時代を振り返っても、偏食だった選手はうまくいかなかった印象があるという。

【特集】女子卓球界エースに届いた応援の声 身近に感じるスポーツ支援の輪

 今でも恵まれていたと感謝するのが、各年代で出会った指導者たちは「しっかり食べないといけない」という教えだったこと。練習をこなした上で体重が増えるなら、歩く距離を増やすなど練習以外の活動量を高める。「適度に肉がついて、適度に絞れていたらそれでいいというのが私の考えです」。体重計の数字にとらわれない大切さを説く。

「寮の食事は少しボリュームがありますが、毎日動くアスリートが全て食べたからといって体重が増えるわけないんです。当時の私だけではないと思いますが、『炭水化物を食べたら太る』という意識を持っている人が多くて、ご飯をやたらと少なくする人がいました。高校生でもトップになると結構な練習量。量だけじゃなく、練習の質が高いとそれだけエネルギーを使うので、しっかり食べた方が良いと思います」

 女子特有となる思春期の体の変化においても、野口さんは「大きく苦しんだことはないですね」と振り返る。競技力と健康の両方を手にしたまま、26歳で迎えたアテネ五輪で金メダルを獲得。「しっかり食事を取っていたから、健康的にいられたのだと思います」と強調する。

「生理もずっと来ていました。実業団1年目の最初の1か月は、ホームシックで精神的なものが理由で1度だけ来なかった時はありましたが、それ以外で止まることは一切なかったです。これは結構驚かれます。マラソンはとてつもなく練習量が多い。アテネ五輪前は体脂肪率7%で、過酷なことをやっていてもしっかり来ていました」

 生理不順は、必ずしも走った距離の長さだけが影響するわけではない。でも、野口さんは五輪前に1300キロ以上を走った月も問題なかった。故障もしたが「アスリートなので」と付き物と呼べる程度。定期的に測定していた骨密度の数値も悪くなかった。故障しても治るのが早い。「自分が強かった時は、故障の期間が短かった。どんどんいい練習ができたことで金メダルを獲れたし、記録も出せたのだと思います」。過度な管理よりも、自然に過ごしたことが健康体の背景にある。

「私は高校や中学の先生、指導者には本当に感謝していますね」

 健康を犠牲にすれば、競技力が手に入るわけではない。ある程度の厳しさ、導きを受けながら思春期を過ごし、のちに世界の頂点を極めた金メダリスト。時代とともに考え方が移りゆく中、「脱・スポ根」と「甘やかす」を混同させた今のスポーツ指導の現場には思うことがあった。

■野口みずき / THE ANSWERスペシャリスト

 1978年7月3日生まれ、三重・伊勢市出身。中学から陸上を始め、三重・宇治山田商高卒業後にワコールに入社。2年目の98年10月から無所属になるも、99年2月以降はグローバリー、シスメックスに在籍。2001年世界選手権で1万メートル13位。初マラソンとなった02年名古屋国際女子マラソンで優勝。03年世界選手権で銀メダル、04年アテネ五輪で金メダルを獲得。05年ベルリンマラソンでは、2時間19分12秒の日本記録で優勝。08年北京五輪は直前に左太ももを痛めて出場辞退。16年4月に現役引退を表明し、同7月に一般男性との結婚を発表。19年1月から岩谷産業陸上競技部アドバイザーを務める。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集