[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 手負いの宇野昌磨、逆境5位発進に海外メディア注目「なんとか射程圏にとどまった」

手負いの宇野昌磨、逆境5位発進に海外メディア注目「なんとか射程圏にとどまった」

フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は22日、男子シングルショートプログラム(SP)を行い、平昌五輪銀メダルで、V候補筆頭の宇野昌磨(トヨタ自動車)は94.26点の5位と出遅れた。平昌五輪5位のネイサン・チェン(米国)が101.94点で首位。2位はミハイル・コリヤダ(ロシア)で100.08点。

宇野昌磨【写真:Getty Images】
宇野昌磨【写真:Getty Images】

宇野は5位と出遅れたがPCS(演技構成点)は1位、右足に痛み抱えながらも踏ん張った

 フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は22日、男子シングルショートプログラム(SP)を行い、平昌五輪銀メダルで、V候補筆頭の宇野昌磨(トヨタ自動車)は94.26点の5位と出遅れた。平昌五輪5位のネイサン・チェン(米国)が101.94点で首位。2位はミハイル・コリヤダ(ロシア)で100.08点。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 宇野は右足負傷の影響もあり、パーソナルベストには遠く及ばない得点にとどまった。24日のフリーでの巻き返しを期する銀メダリストを、海外メディアは続々とレポートしている。

 直前に右足の甲を痛めた宇野は、当初2本跳ぶ予定だった4回転ジャンプをトウループの1本だけにして演技。万全の状態からは遠かったが、コンビネーションジャンプがやや乱れた以外は踏ん張った。パーソナルベストからは10点以上低かったが、PCS(演技構成点)46.36点は全選手の中で1位と意地も見せた。

 米スポーツ専門サイト「ブリーチャー・リポート」は「今回憂き目に遭ったのが五輪で銀メダルと躍進したショーマ・ウノだった。日本人スケーターはよもやの5位発進となった。しかし、後に彼は負傷に苦しんでいたことがわかった」と伝えている。

 カナダ紙「ザ・スター」も「今大会唯一の五輪メダリスト、ショーマ・ウノはジャンプでミスを多発したことが響き、4回転ジャンプと3回転アクセルで取り戻しを図ったが、5位に落ち着いた」とジャンプで精彩を欠いたことを出遅れの理由にあげている。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー