[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

手負いの宇野昌磨、逆境5位発進に海外メディア注目「なんとか射程圏にとどまった」

宇野は「それほど痛みを感じることはなかった」と前向き、フリーで巻き返し狙う

 米スケート専門メディア「アイスネットワーク」も「ショーマ・ウノは足首の負傷との戦いをも強いられることになったが、94.26点で5位と、なんとか射程圏内にとどまることができた」と報道した。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 そして本人のコメントをこう伝えている。

「残念なことに、僕は怪我をしてしまった。だけど、SPの演技中、自分の足に何が起こるのかわからなかったけど、それほど痛みを感じることはなかった。少しジャンプのレベルを下げてしまったなと。だけど、皆のサポートもあって、状態に満足している。願わくば、この状態でフリーに臨みたい」

 世界からも、この大会唯一の五輪メダリストとして注目を集めている「Shoma Uno」。右足の状態次第だが、本人は前向きのようで、フリーでの巻き返しに期待したいところだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集