[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子「TVに映してはいけない顔をしていた」 優勝会見で勝負所外した心境明かす

女子ゴルフの国内ツアー「樋口久子・三菱電機レディス」は31日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で最終日が行われた。首位で出た渋野日向子(サントリー)は、5バーディー、3ボギーの70。通算9アンダーでペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフに突入し、1ホール目で鮮やかなイーグルを決めて優勝した。3週前のスタンレーレディスに続き今季2勝目、国内ツアー6勝目。前週は決勝ラウンドに進めなかったが、2019年11月の大王製紙エリエールレディースに続き、自身2度目の「予選落ち後の翌週V」となった。以下、一問一答(1)。

今季2勝目を挙げ、優勝スピーチをする渋野日向子【写真:Getty Images】
今季2勝目を挙げ、優勝スピーチをする渋野日向子【写真:Getty Images】

樋口久子・三菱電機レディス優勝会見一問一答(1)

 女子ゴルフの国内ツアー「樋口久子・三菱電機レディス」は31日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で最終日が行われた。首位で出た渋野日向子(サントリー)は、5バーディー、3ボギーの70。通算9アンダーでペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフに突入し、1ホール目で鮮やかなイーグルを決めて優勝した。3週前のスタンレーレディスに続き今季2勝目、国内ツアー6勝目。前週は決勝ラウンドに進めなかったが、2019年11月の大王製紙エリエールレディースに続き、自身2度目の「予選落ち後の翌週V」となった。以下、一問一答(1)。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

――最終18番パー5でバーディー。ボギーにしたペ・ソンウに追いついてプレーオフに突入。1ホール目でイーグルを奪う劇的な勝利だった。

「プレーオフに進めるとは思っていなかったので、チャンスを生かすことができて良かったです。2打目はバンカー入ったかなと思ったら、ギャラリーの反応で『乗ったんだな』と思いました。左足下がりのライで、3番ウッドをコントロールして打ちましたが、もう一生打てないぐらいのショットでした。最後の(3メートルのイーグルパットは)上りなので、打ち切るしかないと思いました。入ってうれしかったです」

――正規の18番でもイーグルを狙っていた。

「ソンウさんと2打差がついていたので、イーグルしかないと思って、ドライバーをマン振りしました。おかげですごく飛んで、2オンしたので、残り7メートルから狙いました。でも、パットをショートさせて『はいーっ』って感じでした。もう、テレビに映ってはいけないぐらい悔しい顔をしていたと思います(笑)」

――19年の資生堂アネッサレディス、今月のスタンレーレディスに続き、プレーオフは3度進出で全勝。

「いつも楽しんでやっていると思いますが、今日は飛ばせば2オンできるパー5での勝負だったので、気持ち的には『一球入魂』でした。あっ、当たり前か。そういう意味では、今までより楽しんでなかったと思います」

――ペ・ソンウとは3度目の優勝争い。スタンレーレディスでもプレーオフを戦った。

「そうですね。ソンウさんと回ると、リズムよく回れます。今日は楽しみにしていましたし、楽しかったです」…

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集