[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

内村航平を見続けた英識者 「最も印象的な大会」が予選5位のこの世界体操である理由

体操の世界選手権が福岡・北九州市立総合体育館で行われている中、種目別鉄棒の内村航平(ジョイカル)は20日の予選を5位通過し、24日の決勝に進出した。国際体操連盟(FIG)の公式コメンテーターとして大会を取材中の英識者は、ファンを魅了したキングに感動。内村のキャリアで最も印象に残ったシーンに今大会を挙げた。

世界体操・種目別鉄棒予選を5位で通過した内村航平【写真:Getty Images】
世界体操・種目別鉄棒予選を5位で通過した内村航平【写真:Getty Images】

国際体操連盟の公式コメンテーターも内村航平に感動

 体操の世界選手権が福岡・北九州市立総合体育館で行われている中、種目別鉄棒の内村航平(ジョイカル)は20日の予選を5位通過し、24日の決勝に進出した。国際体操連盟(FIG)の公式コメンテーターとして大会を取材中の英識者は、ファンを魅了したキングに感動。内村のキャリアで最も印象に残ったシーンに今大会を挙げた。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 拍手を浴びるレジェンドを見届けた。20日の予選。内村はH難度の離れ技「ブレトシュナイダー」に加え、カッシーナ、コールマンなど高難度の技を次々と披露した。人数制限のない有観客。2721人が手を叩き、最後までやり切った姿を称えた。

 英国でフリーランスのスポーツコメンテーターとして活動するオリー・ホグベン氏は、記者席で同じように興奮していた。過去5度の五輪で51競技も取材し「(体操の)世界選手権は7回、ユースオリンピック、主要大陸大会では全てコメンテーターを務めた」というベテランだ。

 内村のことを「この世代で最高の選手」と称する。リオ五輪は逆転で個人総合連覇、世界選手権と合わせて前人未到の8連覇を達成したレジェンド。キャリアの中で数々の伝説を打ち立ててきたが、ホグベン氏は「内村の最も印象に残った大会は?」と聞かれると「ここだね」と意外にも今回の予選をピックアップした。

「彼の演技の前、私はもの凄く緊張していたんだ。それに会場全体が、今まで経験したことのないような緊張に包まれていた。日本語の『ドキドキ』という感じだね。彼の予選での演技は悪くなかった。最高の演技というわけではなかったけど、決勝には残った。予選で最も重要なことは通過することで、彼はそれを成功させた」

 東京五輪はまさかの落下で予選落ちしただけに、独特の雰囲気を感じ取ったようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集