[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

7位後退の岩田寛「ツイている」 首位・松山英樹とは4打差で「かじりついている感じ」

米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップ第2ラウンド(R)が22日、千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で行われた。単独首位スタートの岩田寛は73で回り、通算4アンダーの7位に後退した。だが、通算8アンダーで単独首位に浮上した松山英樹とは4打差。岩田はこの状況を「かじりついている感じ」と表現した。

通算4アンダーの7位に後退した岩田寛【写真:Getty Images】
通算4アンダーの7位に後退した岩田寛【写真:Getty Images】

日本開催の米男子ツアーZOZOチャンピオンシップ第2R

 米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップ第2ラウンド(R)が22日、千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で行われた。単独首位スタートの岩田寛は73で回り、通算4アンダーの7位に後退した。だが、通算8アンダーで単独首位に浮上した松山英樹とは4打差。岩田はこの状況を「かじりついている感じ」と表現した。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 岩田は雨中のラウンドを「全然ダメ」と振り返った。「朝の練習では調子が良かったのですが、スタートしたら、ティーショットは曲がるし、パター入らないし、最後まででした」。 ただ、ラウンド中に目にしたスコアボードに元気づけられていたという。

「(上位の)スコアが伸びてないから、何とか粘ろうと思ってやっていました」。そして、最終18番パー5では2オン、2パットでバーディーをゲット。首位の松山と4打差でホールアウトできたことをプラスにとらえた。

「ツイていますね。順位がもっと悪いと思っていたので。まだ、かじりついている感じがします」

 単独首位で第1Rを終えた後は、自身の大会出場が月曜日、繰り上げで決まったことを告白。スタート前にキャディーに間違われたことも明かした。ただ、米ツアーには15-16年シーズンに参戦しており、同ツアー復帰への思いも持ち続けてきた。だからこそ、「優勝でシード権獲得」の絵をイメージしないわけがない。

「(第3Rを終えて)優勝争いできる位置にいたいですね。『いけそうだな』っていう雰囲気にしたいです」

 最強の敵は11歳下で同じ東北福祉大出身の松山だが、40歳の岩田は、頂点を目指して1打に気持ちを込める。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集