[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

KO勝ちフューリー、明暗くっきり“対照的1枚”に米反響「フォト・オブ・ザ・イヤー」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチ12回戦が9日(日本時間10日)、米ラスベガスで行われ、王者タイソン・フューリー(英国)が前王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に11回KO勝ちし、初防衛に成功した。米興行大手・トップランク社は、勝負が決した直後の対照的な両者の姿が収まった写真を公開。「フォト・オブ・ザ・イヤー」と脚光を浴びせると、米ファンから「この2人に敵う選手いない」「凄いダメージ」などと反響が寄せられている。

タイソン・フューリー(左)とデオンテイ・ワイルダー【写真:AP】
タイソン・フューリー(左)とデオンテイ・ワイルダー【写真:AP】

フューリーがワイルダーに11回KO勝ち

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチ12回戦が9日(日本時間10日)、米ラスベガスで行われ、王者タイソン・フューリー(英国)が前王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に11回KO勝ちし、初防衛に成功した。米興行大手・トップランク社は、勝負が決した直後の対照的な両者の姿が収まった写真を公開。「フォト・オブ・ザ・イヤー」と脚光を浴びせると、米ファンから「この2人に敵う選手いない」「凄いダメージ」などと反響が寄せられている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 激闘直後、勝者と敗者の明暗がはっきり見て取れる1枚だ。右フックを食らってダウンし、11回KO負けを喫したワイルダー。苦しそうな表情で、レフェリーが背中側から体を支えている所を正面から撮影している。その後ろ側、右奥ではロープに足をかけ、観客の歓声を一身に浴びるフューリーが写っている。

 実際の写真を、トップランク社公式インスタグラムは、「フォト・オブ・ザ・イヤー、そしてKO・オブ・ザ・イヤー」と文面につづって公開。米ファンからは「両者とも素晴らしかった」「ヘビー級でこの2人に敵う選手はいない」「ワイルダーは勇敢だった」「リスペクト」「過去最高の試合だった」「ワイルダーは破壊されたな」「凄いダメージだ」などとコメントが書き込まれている。

 初対戦の2018年は引き分け。昨年2月の第2戦はフューリーが7回TKO勝ちを収めた。今回は1年8か月ぶりのダイレクトリマッチもフューリーに軍配。両者のダウンが計5度の死闘を制した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集